ネット界の“旬”なニュースをお届け!

西原理恵子氏が審査する「海賊版」コンテスト

2011.05.19 THU

噂のネット事件簿


IDを作れば、誰でも応募可能。「作品一覧」をクリックすると、どんな作品が応募されているか、リアルタイムで見ることができる。応募は7月15日まで ※この画像はサイトのスクリーンショットです
電子書籍の作成・販売サービス「パブー」が、12日から「サイバラ海賊版コンテスト」を開催している。これは漫画家の西原理恵子氏の著作物(作品・キャラクター・世界観など)をネタ元にした“海賊版”の作品を投稿してもらい、すぐれた作品を投票して決めようという試みで、原作の画像をコピーして使用することと、アニメや映画など二次利用のために作られた独自の設定を使用することを禁止している以外、形式は自由。漫画はもちろん、小説や絵本、俳句といったもののほか、作品ごとのキャラクターが一つの世界にいるなどのコラボレーションもO.K.だという。応募者は作品を「パブー」上で公開し、7月16日から行われる一般投票を待つ。18日現在、早速「萌えバージョン」として漫画・『妹系萌え西原?な冒険』(樹月敏郎氏)のほか、「小説」として『西日』(T_TA_A氏)が応募されている。

樹月氏の『妹系萌え西原?な冒険』は表紙と4コマ漫画1ページの作品。「とりあえず、考えられる限りの萌えっぽいやつを付け加えてみました。結果、若干盛りすぎた…かも…。(; ̄∀ ̄)ゞ」といい、“本家”では2頭身で割烹着、ひっつめ頭で描かれることが多い西原氏の自画像が“萌えキャラ”に生まれ変わっており、まったく異なる印象だ。

また、応募作品にはレビューをつけることができ、読んだ人の感想を読み合うことも可能。前述の『妹系萌え西原?な冒険』には、「西原先生をネタにしたらいくらでも話作れそうなんで、僕も4コマで造ってみようと思います☆ でもやっぱし、オチはブラックな感じになりますよね(笑)」とコメントが投稿されている。

審査は一般投票・1次審査、2次審査を経て、9月中旬に最終結果発表の予定。「海賊版」といえば著者に無断でやる違法行為だが、今回の応募作品は西原作品への愛を伺わせるものとなっており、 興味深い試みとなっている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト