ネット界の“旬”なニュースをお届け!

元日本代表「師匠」のJ2水戸入団に期待の声

2011.05.26 THU

噂のネット事件簿


「師匠」こと鈴木隆行選手が入団することとなったJ2の水戸ホーリーホック。昨シーズンは20チーム中16位。鈴木選手の入団はJ1初昇格への起爆剤となるか!? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
元サッカー日本代表で鹿島アントラーズやベルギーリーグで活躍したFW鈴木隆行選手(34歳)が、J2の水戸ホーリーホックに入団することが明らかになったと、スポーツニッポンが報じた。すでに条件面では合意に至っており、近日中に正式発表されるとのこと。

鈴木選手は、昨年末にアメリカ独立リーグのポートランドを退団後、所属チームが決まらず、いわば“浪人”状態が続いていた。そんななか決まった4年ぶりとなるJリーグ復帰について、2ちゃんねるの関連スレッドは、

「引退したんじゃなかったのかw
これは楽しみw」
「あきらめない心に折れない魂これぞ師匠」
「まだライオンの目をしてるか見てくるわ」
「SUGEEEEE!!何だ、この劇的な展開。
流浪の果てに地元のクラブに行き着くとかステキ過ぎるだろ」(編集註:鈴木選手は茨城県日立市出身)

などと、歓迎ムードにあふれている。

「師匠」とは、主に2ちゃんねるで使われる鈴木選手に対する愛称。2002年ごろ、日本代表の主要メンバーとして活躍していた当時、FWとして出場しても無得点に終わることが多かったことから、誰からともなく「ノーゴール師匠」と呼ばれるようになり、いつしか「師匠」の愛称が定着した。ちなみに、ネット上に挙げられているデータによると、鈴木選手は2002年から2003年にかけて「1790分(46試合)連続ノーゴール」「1659分(20試合)連続ノーゴール」というふたつの記録を作っており、それぞれFWの無得点記録としては世界1位と2位の記録だといわれている。

そんな不名誉な愛称で呼ばれていることもあってか、鈴木選手のJ2水戸入団について、

「師匠が青いユニ着てケーズスタ(編集部註:ケーズデンキスタジアム水戸)で豪快なゴール決めてる姿が想像…出来ない…」
「劣化して点取るようになってたりしないか心配」

という意見もあったが、それ以上に、前述したようなチーム入団を歓迎する声がとても多かった。4年ぶりに日本でプレーすることとなった「師匠」。ネット上のサッカーファンからは、これからも熱い視線が注がれることだろう。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト