ネット界の“旬”なニュースをお届け!

鮫島事件映画化に2ちゃんねらーは冷めた反応

2011.06.29 WED

噂のネット事件簿


「鮫島事件」を題材にした映画『2ちゃんねるの呪い 劇場版』。主演は、アイドルグループ・アイドリング!!!の尾島知佳。同グループの野元愛も出演する ※この画像はサイトのスクリーンショットです
2ちゃんねるに書き込まれた怖い話を映像化したDVD作品『2ちゃんねるの呪い』の劇場映画版『2ちゃんねるの呪い 劇場版』が8月6日に公開される。

この作品では、2ちゃんねるで都市伝説的に語り継がれている「鮫島事件」について描かれている。「鮫島事件」とは、「何者かによって隠ぺいされている」という設定の架空の事件で、「絶対に語ってはいけない」「その内容を語ると消されてしまう」などと噂されている。そんな設定ということもあって、事件のディテールが語られることがほとんどなく、だからこそ謎が謎を呼ぶ形で、2ちゃんねるで広まったといわれている。

何も知らない人にしてみたら、とんでもないタブーのようにも思える「鮫島事件」だが、実際には、恐ろしいものであるかのような、思わせぶりな発言をして楽しむためのジョークネタだ。そんな「鮫島事件」が映画の題材にされるということに、2ちゃんねらーたちはいくらかの違和感を抱いているようで、2ちゃんねるでのこの映画に関するスレッドを見ると、

「こういうことされると一気に冷めるなあ、
もう鮫島なんかどうでもよくなってきた、一つのネタで全体で変な空気作って楽しむのも飽きただろ(後略)」
「今更鮫島かよって気がするなあ」

と、かなりドライな反応が多かった。また、スレッドではいつものノリで「鮫島は流石にヤバいだろ…」「あーあ。呪われるぞガチで」などと、鮫島事件をタブー視する書き込みもあった。しかし、一方では、

「なんかひと昔前は『鮫島事件って何?』って聞くと『その話をするな』的な定型レスが返ってきてたけど、
最近はもうそういうのもないよね
完全にオワコン(編集部註:終わったコンテンツの略)」
「いまだにおいやめろとか言ってるやつキモすぎ」

と、鮫島事件をタブー視するノリがつまらないものになっているとの見解を示す2ちゃんねらーも多かった。かつては“2ちゃんねる最大の謎”として、話のタネになっていた鮫島事件も、どうやらすでに過去のものとなってしまったようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト