ネット界の“旬”なニュースをお届け!

住所をギリ晒して「握手会」2ちゃんねるで盛況

2011.07.14 THU

噂のネット事件簿


都合などで会えない人には、AAによる「エア握手」も ※この画像はサイトのスクリーンショットです
匿名掲示板の代表格ともいえる2ちゃんねるで、「住所ギリ晒して近かったら握手」というスレッドが立ち、5時間で3スレッドを更新するなど異様な盛りあがりを見せている。

そこでは、スレッドの主旨に賛同した日本各地のユーザーが

「北海道千歳」
「山形県酒田市」
「石川県金沢市」
「埼玉県草加市」
「岐阜県養老郡養老町」
「長崎県五島市」

など、家が特定されないものの“近所”とわかるギリギリの住所を申告。自分の住所に近い人がいると、手のアスキーアートなどを書き込み、2ちゃんねる上で“握手の儀式”をするユーザーのほか、

「こんどマンソーで握手な!」
「いいぜwww いつにする?」
「明日の夕方はどう?」
「6時半ぐらいでいいか?」
「いいぜ! 入口付近で黄色のポロシャツ着てる」

と、ローカルな待ち合わせ場所や日時をすり合わせ、会う算段をととのえ“リアルな握手”を試みる人たちの姿がみられる。

いつもは氏名や住所などのプライベートを公開しようとしないというイメージがある2ちゃんねるユーザーが、一部反発するようなコメントはあるものの、自分の近くに同じ掲示板にアクセスしている人がいることをうれしく思う姿はどこかほのぼのとしており、「なんかこのスレいいなwww」「近所に居るってだけで嬉しくなったわwww」という声のほか、“リアルな握手”を終えたユーザーから「六ッ川あたり解散した 同い年で話しやすかったです、ありがとうございました」という報告もあがっている。

なお、この手のスレッドは時折立つようで、「近かったら記念撮影」「近かったらラーメン」などのバージョンも。ご近所さんを「募集」するのではなく、「ネット上で偶然出会えたら」というワクワク感が、人気のひとつかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト