ネット界の“旬”なニュースをお届け!

日本語ハッシュタグが大喜利お題に活用される

2011.07.22 FRI

噂のネット事件簿


ツイッターで流行する「大喜利系」の日本語ハッシュタグ。乙武洋匡氏も「#名言の文末に全裸でを付けると変態になる」というハッシュタグでをつけて、「五体不満足……全裸で」とつぶやいた ※この画像はサイトのスクリーンショットです
7月13日からツイッターの仕様が変更され、これまで半角英数字のみが使用できたツイッターのハッシュタグで、日本語が使えるようになった。共通のテーマについてのつぶやきをまとめるためのハッシュタグだが、日本語のハッシュタグについては、これまでとは異なる使い方が目立っている。

その使われ方とは「大喜利」だ。たとえば「#ジブリのタイトルを混ぜて一番面白かったやつが優勝」「#名作のタイトルに団地妻をつけるとロマンポルノになる」といったように、話題のテーマではなく「お題」をハッシュタグ化し、その回答をつぶやいているのだ。

ツイッターのリアルタイム情報サイト「ついっぷるトレンド」で、7月19日の「HOTワード」ランキング(日本国内の投稿)を見てみると、「#ジブリのタイトルを混ぜて一番面白かったやつが優勝」が8位となっている。ほかにも「#名作のタイトルに団地妻をつけるとロマンポルノになる」「#ひらがなにすると萌えアニメになる」など、トップ50になかに合計5つの「大喜利系」ハッシュタグがランクイン。「台風」「なでしこ」「地震」など、ニュース関連のキーワードが上位を占めていることを考えると、大喜利系ハッシュタグがいかにツイッター上でブームとなっているかが分かるだろう。

ほかにも、「大喜利系」の日本語ハッシュタグとして「#名言の文末に全裸でを付けると変態になる」「#語尾にオブザデッドを付けるとゾンビ映画になる」といったものが存在しているが、これらはあくまでも一部。その後も、次から次へといろいろな大喜利系ハッシュタグが生まれている模様で、日本語ハッシュタグならではの楽しみ方が見いだされたといえそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト