ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「国民栄誉賞をもらうべき人リスト」が着々と完成中

2011.08.01 MON

噂のネット事件簿


なでしこJAPAN優勝を伝える日本サッカー協会の公式サイトTOPページ。なでしこJAPANは9月1日からロンドンオリンピックのアジア最終予選に臨む ※この画像はサイトのスクリーンショットです
枝野官房長官は7月25日、サッカー女子W杯で優勝したなでしこJAPANに対し、国民栄誉賞の授与を検討していることを明らかにした。これに対しネット上では、授与の是非や、「他にもらうべき人」の論議が活発化している。

ネットに出ている主な意見は、大きく分けて3種類。

「大会規模といい日本のレベルといい震災後という時期といい、やらないほうがおかしいだろ」
「日本史上初の偉大な結果を出したわけだからな
当然の流れだ」

といった「当然派」に対し、

「時の政権の思いつきで差し上げま賞」
「もらう側の功績も重要だけど贈る側の資質も重要」
「スポーツ事業予算仕分けた党が国民栄誉賞授与とか」
「国民栄誉賞が急に県民栄誉賞レベルまで下がってきた」

といった「異論あり派」とも多数。また、

「オリンピック3大会金メダルの野村が貰えないのはおかしいだろ」
「だったらWBC優勝にもやれよ」
「まずは谷亮子だ」
「世界に普及してるボクシングで3階級制覇の亀田にやれよw」

という「○○がもらってないのに」という意見が絡み、「○○」の欄には、この他、女子ソフトボール、伊達公子、北島康介、荒川静香、中野浩一、高橋尚子、荻原健司、長嶋茂雄、具志堅用高、秋元康、宮崎駿、村上春樹といった名前が挙げられている。

7月28日には、ジャーナリストの上杉隆氏が『ダイヤモンドオンライン』にて、過去に受賞を辞退したイチローや福本豊を引き合いに出し、「政府のPR戦略の臭いの消えない今回の国民栄誉賞は辞退すべき」という一文を発表すると、ツイッター上には

「大いに賛成」
「栄誉賞を貰うか貰わないかはなでしこが決めること」
「政治的に利用されるのはかわいそう」
「W杯の価値を知りなさいと言いたい」
「辞退することの方が『政治利用』だと思う」

と、賛否両論寄せられた。Yahooニュース!は7月20日~30日に「なでしこに国民栄誉賞を授与すべき?」という意識調査を行い、およそ7割の人が「授与すべき」と回答している。ネット上には「こういうのはスピードが大事」という意見も出ており、政府の対応が注目されている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト