ネット界の“旬”なニュースをお届け!

退陣間近の菅首相 ブログでは饒舌

2011.08.23 TUE

噂のネット事件簿


菅首相のブログ「KAN-FULL BLOG」。トップページの「内閣総理大臣」の文字も今月限り? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
首相の辞任までカウントダウン状態となり、いよいよ“末期”という単語がふさわしい菅政権。当の菅首相はマスメディアから手厳しく批判され、その論調に不信感を募らせているせいか、メディアの取材や記者会見にはなかなか応じようとしない。相だが、自らのブログ「KAN-FULL BLOG」ではなかなか饒舌だ。

震災以前には2日に1回ほどのペースで更新されていたこのブログ。震災後には更新のペースが一旦鈍ったものの、7月は1カ月で22回、8月は21日までにすでに10回更新されており、「あなたと官邸を、まっすぐつなぐウェブサイト」のキャッチフレーズに違わぬ更新ペースで、首相の考えや首相関連の情報が発信されている。

菅首相は12日、改めて電力問題について言及し、節電への理解を求めると、15日には、

「メドとしていたそれらの法案が成立したら政権を譲る、という6月以来の約束を実行することを明らかにしました」
「菅内閣が続く最後の一秒まで、引き続き全力で責任を果たしていく覚悟です」

と、いよいよ政権の明け渡しについても言及。政権の終焉が確実に近づいていることを自ら認めた菅首相ではあるが、一方では翌16日、

「『がれき処理特別措置法』が、関係者の尽力により成立。これで、地方交付税による手当て分も合わせると、震災のがれき処理にかかる費用は、被災地の自治体には事実上全く負担がかからなくて済むようになりました」
「昨日、『原子力安全庁』設立に向けた基本方針を、閣議決定しました。細野大臣の頑張りで、仕組み作りは速いペースで作業が前進しています」

と、自らのハンドルさばきを自画自賛する部分も見られ、いろいろな意味で注目に値する内容となっている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト