ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ラグビーW杯開幕 専門家たちはどう見ている?

2011.09.14 WED

噂のネット事件簿


ラグビー日本代表の公式サイト。2019年には日本でW杯が開催される ※このページの画像はサイトのスクリーンショットです
9月9日、ラグビー王国・ニュージーランドを舞台にラグビーW杯がスタートした。男子サッカー代表やなでしこJAPANに比べると、ラグビー日本代表の扱いは小さいが、ネット上では元・ラガーマンや多くの有名人たちがラグビーW杯を楽しんでいる。

慶應大学ラグビー部監督やフジテレビのニュースキャスターなどを歴任した上田昭夫氏は、ブログに各試合の戦評を書き込んでいる。上田氏は、10日に行われた日本対フランス戦について、「残り10分まで7点差だったが・・・」と悔しさをにじませるコメントを述べたほか、

「イングランドの得点源となるSOウィルキンソンは、7本のPG(編集部註:ペナルティーゴール)のうち5本を失敗」(イングランド対アルゼンチン)
「ナミビアはいいチームだ」(フィジー対ナミビア)
「残り10分ぐらいだったか、ウェールズが攻め込んで、簡単な位置から狙ったDGが外れた。これを入れなければ…」(南ア対ウェールズ)

など、各試合について記述しており、にわかファンからラグビー通まで広く楽しめるブログ内容となっている。

このほか、フランスに21-47で敗れた日本代表について、元日本代表・現7人制ラグビー日本代表監督の村田亙氏は、「よく戦いました!!」と、健闘を称えたが、日本人として初めて南アフリカのプロチームと契約した四宮洋平氏は「内容はともかく勝利して欲しかった」とコメント。次戦は世界ランク1位のニュージーランドが相手だけに、四宮氏はこれを「まさに死のプール」(編集部註:プールとはサッカーなどでの「リーグ」のこと)と評している。

有名人では、サンドウィッチマンの富澤たけしが、10日のブログで「体格で世界に劣る日本はスピードで勝負する」と、元経験者らしいコメントを披露。一方、モデルの長谷川理恵は、日本代表の菊谷主将とイベントで一緒になったことがあり、「是非とも熱い闘いを見せてください!! そして、日本に勇気と元気を届けてください」と熱いエールを送っている。

とはいえ、サッカーの男子日本代表戦と比べると、芸能人のブログ上でのリアクションが薄いのは残念ながら事実。日本代表はまだ予選を3試合残している。日本での開催が決まっている2019年のラグビーワールドカップへ橋渡しする意味でも、善戦を期待したい。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト