ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ブレイク間近!? Berryz工房・嗣永桃子に大注目

2011.09.26 MON

噂のネット事件簿


『めちゃイケ』での活躍で注目を浴びているBerryz工房の嗣永桃子。画像は昨年10月に発売されたソロ写真集『ももち図鑑』の表紙
現在、No.1アイドルといえば、やはりAKB48。しかし、その立場を脅かす存在としてネット上で注目を浴びているのが、ハロー!プロジェクトに所属するBerryz工房のメンバー・嗣永桃子(つぐながももこ・19歳)だ。

嗣永が話題の人となった大きなきっかけは、9月17日に放送された『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)。この日は「AKB以外だらけの大運動会!」と題してBerryz工房を含む8組のアイドルグループが出演していたのだが、そこで嗣永は自らを「ももち」と呼びつつ、執拗にぶりっ子キャラでアピール。その姿にイラついた加藤浩次に飛び蹴りを食らわされ、さらには引きずり回される一幕もあったが、心折れることなくキャラを貫き通したのだ。

とにかく芸人顔負けの体当たりぶりで強烈な存在感を見せつけた嗣永は、すぐさまネット上で話題となった。番組での嗣永の活躍をまとめた動画がYouTubeにアップされると、削除されるまでの3日弱で30万回以上再生された。また、2ちゃんねるには「Berryz工房の嗣永桃子ってやつ面白すぎワロタ」というスレッドが立ち、「この子好きになったわwww」「初めて見たけどこいつは生き残りそうだと感じた」などと絶賛されていた。

視聴者に強烈なインパクトを与えた嗣永だが、その過剰なぶりっ子キャラはファンの間ではおなじみで、アイドルとしての“プロ意識”が高いということで、「嗣永プロ」と呼ばれるほどだ。キャラを貫くための“設定”も多く、たとえば、マイクを持つときに癖で立ってしまう小指を「ファンの皆さんからの愛情をキャッチするためのアンテナ」だと言い張ったり、自身のラジオ番組『ぷりぷりプリンセス』(文化放送)で「アイドル王国のお姫様」を自称したりなど、あらゆる面でアイドルらしさにこだわっている。

とにかくネット上で高評価を得た『めちゃイケ』での嗣永桃子。そのアイドルとしての類まれなる“プロ意識”によって、大ブレイクする日も近いかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト