ネット界の“旬”なニュースをお届け!

日本語ハッシュタグ ランキングで話題まるわかり

2011.10.07 FRI

噂のネット事件簿


「ニート島耕作」「ニートの休日」「プラダを着たニート」「ニートはつらいよ」など、出るわ出るわ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
Twitterで日本語ハッシュタグが使えるようになってから約3カ月弱が経った。そんななか、10月3日モバイルコンテンツ制作会社のアイディールは、その「日本語ハッシュタグ」の情報を、リアルタイムにランキング形式で紹介するウェブサービス「ジャパニッシュ」の提供を開始した。

これは、日本語のハッシュタグに特化した形での自動収集まとめサイト。6日9時現在1位となっているのは「#タイトルの一部をニートに変えると悲愴感がヤバい」というもの。日本語ハッシュタグは、しばしば大喜利のお題のように使われることが多く、これに関しても、本や映画のタイトルを変えて様々な人が投稿している。例えば、

「ニートのススメ」
「となりのニート→借り暮らしのニート→ニートの宅急便→ニートの豚→ニートぽろぽろ→ニートの神隠し→崖の上のニート→ニートの墓」
「名探偵ニート」
「ニートたちの沈黙」
「会長はニート様!」
「ロード・オブ・ザ・ニート」
「バック・トゥ・ザ・ニート」

など、原作も真っ青の秀逸な作品が並ぶ。

2位は「#学校に一人はいるやつ」で、これには「ペン回しが最強に上手いやつ」「数学だけ神」「真冬にランニングと短パン」など、ついつい「いるいる」とつぶやいてしまいそうな「やつ」が投稿されており、なかでも「校長」という投稿は多数RTされている人気作品だ。

3位以下は「#被曝」「#放射能」「#脱原発」と続き、8位には「#原発」がランクイン。トップ10のなかでは4つが原発関連と最多数を占め、人々の関心の高さがうかがえる。

同サイトでは、「人気のカテゴリ」として10カテゴリに分類もされている。例えば最も多くハッシュタグがあるのは「RT系」で「#私にもっとなついてもらいたいと思ってる人RT」「#非公式RTしたフォロワーさんのイメージイラスト描きます」など、RT(リツイート)されることを求めるハッシュタグが集められている。「アニメ」では「#イカ娘」「#ワンピース」「#ポケモン」などでそれぞれのファンが語り合い、「都道府県」では都道府県ごとにローカルな話題が展開されている。

日本語に特化していることで、日本人が何に対して関心が高いかがわかるほか、様々な意見や知恵を知るのにも役立ちそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト