ネット界の“旬”なニュースをお届け!

AKBドメイン“ネットで子作り”にネット住民困惑

2011.11.04 FRI

噂のネット事件簿


初期費用は無料、月額料金は1480円(別途フレッツ回線料金やモデム料金などが必要)。ネットでは「別に高くないからファンなら入ったほうがメリットは大きいんだろうけど プロバイダを聞かれたときに答えづらいってのはある」との声も ※この画像はサイトのスクリーンショットです
1日、フルキャストマーケティングは、AKB48の公式プロバイダサービス「AKB OFFICIAL NET」を開始した。

「AKB OFFICIAL NET」は、NTT東西のフレッツ光およびフレッツADSLに対応したインターネット接続サービス。会員は「~@akb48.ne.jp」形式のメールアドレスが利用でき、「@atchan.akb48.ne.jp」「@yuko.akb48.ne.jp」など“推しメンアドレス”も取得可能。プロバイダに加入すると、12月上旬にオープン予定の新しいファンクラブにも同時入会扱いとなり、プロバイダ会員用の劇場チケット枠、「リクエストアワー セットリストベスト100 2012」投票権など、特典も用意されているのが特徴だ。

これだけでも話題十分だが、なかでも注目を集めたのは会員限定コンテンツの第1弾とされる「AKBaby」。サイトには大島優子が赤ちゃんを抱いている写真がアップされており、「私と赤ちゃんつくらない?」という文字が躍る。これは顔写真をメールで送信し、大島優子のほか、柏木由紀、篠田麻里子、渡辺麻友、前田敦子(順次追加)のなかから好きなメンバーを選ぶと、「合体」。二人の赤ちゃんの写真が作れるというサービスだ。

このサービスにはネットユーザーも驚愕したようで、2ちゃんねるでは

「ぬわんじゃこりゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!」
「これはないわww」
「メンバーに見せて名前付けてもらうやついそうだな」

と話題に。そんななか、

「劇場枠があるなら10契約ぐらいする」
「プロバイダ枠があるならとりあえず入っておこう」
「応募チャンスが増えるのはうれしい」

と契約に前向きな声もあるが、「未成年にもこの企画やらすんだよな」「10代の女の子相手に子作り云々とかすげえな」などといった声もあがっており、斬新なアイデアにファンが驚いている様子が窺える。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト