ネット界の“旬”なニュースをお届け!

まんべくん復活 公式ツイッターについては「慎重論」

2011.11.09 WED

噂のネット事件簿


まんべくん(長万部町無関係・完全非公式)アカウント。プロフィールによると「長万部町が、いや世界が誇る超ゆるキャラ『まんべくん』超非公式ツイッター。長万部と言う混沌に舞い降りた、真の混沌(カオス)。刺激が強過ぎて失神者続出につき超ブロック推奨」とのことだ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
2日、北海道長万部町の白井捷一町長は16日より同町の公式キャラクター・まんべくんが活動を再開することを発表した。まんべくんはその毒舌っぷりや、町長の首をカニの爪型の手で挟んだりするなどの大胆な行動により、9万人以上のツイッターフォロワーを集めるほど人気だった。

しかし、今年8月の終戦記念日間近に太平洋戦争について発言したことをきっかけに炎上。多数のクレームが寄せられ、町は公式HPに謝罪文を掲載したうえ、まんべくんの活動停止を発表した。ツイッターについては、運営を担当していた受託会社に対し、使用許諾が取り消されていた。

7日には「まんべくんの活動再開について」として、白井町長がまんべくんとともに長万部町役場で会見を行なった。会見中ずっと同席していたまんべくんは、終了時に皆の前で頭を下げ、代理人を通して「すまんべ」と語ったとのこと。会見の様子について、長万部町の広報担当に伺った。

まず、町長は件の発言内容について、「不快に思った方もいるので、深くお詫びします」と改めて謝罪し、3カ月わたって活動を自粛した期間に、多くのファンから激励の手紙をもらったり、会えないことを承知で遠くから来た人たちに対してへお礼の言葉を述べたという。そして、まんべくんの活動再開については、「長万部町公式キャラとして、商工観光の振興、町民との触れ合いという“キャラクター本来の仕事”を粛々と行う」と説明している。

活動再開の背景としては、商工団体等との意見交換会のなかで、「キャラクターの着ぐるみの使用を早く再開したい」という意見があったためという。16日から町内関係者への着ぐるみの貸出が再開されるが、町外の人に対しての貸出はまだ先の話だという。

ネット上でも注目されていた、ツイッター・ブログでの活動については、

「当面の間は再開しない予定です。特にツイッターについては慎重論もあり、現段階では実施を見合わせました。ツイッターというツールの性格上、チェック体制をとることが難しいため、あくまでも条件が整備され、できるようになったとふんだ時から再開を検討したいと考えています」とのこと。

会見後、公式ツイッターID・@manbe_kunにはファンから、

「まんべくん、久々にお姿だけでも見れて嬉しかったです。ツイッターでも皆待っているからね~ッ!」
「まんべくん。完全復活まではまだ道のりがありそうだね。でも、みんな諦めずに待ってます」

といったツイートも多数寄せられている。ちなみに、ツイッター上には「まんべくん(長万部町無関係・完全非公式)」とする「@manbe_kun_」なるアカウントが存在。「おはまんべーッ!」とあいさつをしたり、「(⊃^-^)⊃超むぎゅー だよーっ!」とフォロワーにツイートするなど、積極的なコミュニケーションを図っているようだ。今回の長万部町の会見では、このアカウントについてのコメントはなかった。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト