ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「宇宙戦艦ヤマト」本気の映画化にネット住民期待

2011.11.14 MON

噂のネット事件簿


1997年という“インターネット創世記”に作られているファンサイト。根強いヤマトファンが多数いることをうかがわせる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
1974年に放送された人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」(日本テレビ系列)が、38年ぶりに復活し、さらに「宇宙戦艦ヤマト2199」として来年4月7日から劇場公開されるという。

出渕裕を監督にむかえるなど製作陣を一新したうえ、ビジュアルなどを再構築した新作になるというニュースに、早速ツイッター上では多数の人がRTし、

「これは楽しみ!メディア展開も気になる!」
「オリジナルを忠実に守ってくれよ」
「声優さんがどうなるのか気になる…」

などのツイートがみられる。掲示板にも複数スレッドがたち、ゲームやアニメ、漫画を中心に取り扱うブログ「はちま起稿」では

「やべえええええええええええええええええええ!!!!!」
「これは観に行かざるを得ない!!!!!!」

という人多数。また、asahi.comでは今作が、古代らがガミラス帝国の侵略で破滅寸前に追い込まれた地球を救うためにイスカンダルへ旅立つという「ヤマト パート1」がベースになる“リメイク版”ということ、そして出渕裕監督の「伝えていかねば」という使命感が記事化されており、こちらを読んだ人のなかには

「ここ数年のヤマトは無視していたが、これは無視できん」
「完結編以降見にいってなかったけど、今回は期待できるかな」

と新作といえど、ストーリーの原点をつづった内容になるという映画「ヤマト」に期待する声もあがっている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト