ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ビビる大木が説いた「仕事の姿勢」

2011.12.21 WED

噂のネット事件簿


ツイッターがまたも騒動の引き金となった。公式サイトではお詫び文が掲載され、これに対しビビる大木はツイッター上でコメントを返した。 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
今年は「有名人の来店をツイート」する一般人が数多く見受けられたが、一年が終わろうとする17日にも、ツイッター上で新たな“事件”が発生した。お笑い芸人・ビビる大木が訪れたファッションブランドショップの店員が、「閉店2分前にビビる大木が来やがってちんたら見た挙句、なんも買わず帰り無駄な残業だった。芸能人振りやがってマジ腹立たしい」とツイートしたのだ。

それに対し、ビビる大木は
「普通に見たつもりです。どういうつもりですか?客に対して実名を出して悪口を言うとは」とリツイートで返信。(※編集部註:現在このツイートは削除されている)

その後ツイッターを始め、ネット上では「大木は悪くない」と、店側に批判の嵐。大木は「お騒がせしてすいません」と恐縮しきりだが、ツイートをした店員はツイッターを退会。大木には、「大木は悪くない!店は徹底的に間違っている!」(カンニング竹山/@takeyama0330)や、「普通に考えてありえないですね、その店というかその店員さんの態度。オレがスタバおごるんで切り替えましょう」(JOY/@JOY19850415)など、有名人側からもなぐさめのコメントが寄せられている。

大木は、そのブランドが好きなだけに残念だったようだが、19日になって、ショップ側はホームページに謝罪文を掲載。

「この事態を厳粛に受け止め、今後この様な事が繰り返されないよう、社を挙げて再発防止、社員教育の徹底をしてまいります」

とし、大木は

「遅くなりましたが、お店のお詫びと報告を見させていただきました。お気持ち頂戴いたしました。やはり店員さんが客の実名を出して悪口はあってはならない事だと思います。本人にお金を貰って働くとは何かをしっかりと考え、今後に生かして欲しく思います。お騒がせいたしました」

とツイッター上でコメントした。

なお、発言した人物について店側は言及していないが、ツイッター上では「彼への処分が不明のままブログでの報告ってちょっと失礼じゃないですか?器の大きい大木さんが納得済みなら何も言うことはないんですが。。」とコメントする人も。大木は「彼も(編集部註・ツイッターから退会するなど)逃げずにお詫びをすればよかったんです。反省し、しっかり頑張ってほしいです」と改めてこの件についてはこれ以上追及しない姿勢をみせており、一件落着ということになりそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト