ネット界の“旬”なニュースをお届け!

紅白デモ 韓流NGでガガOKの根拠

2012.01.10 TUE

噂のネット事件簿


ニコニコ生放送の中継は15:00~19:00まで行われた ※この画像はサイトのスクリーンショットです
2011年12月31日、NHKに対し、デモが行われた。昨年の紅白歌合戦には韓国アイドルの東方神起、少女時代、KARAの3組が出場。これに対し同デモは「韓流紅白」と批判したのだ。主催は「頑張れ日本!全国行動委員会、草莽全国地方議員の会、チャンネル桜二千人委員会有志の会」で、12時に渋谷・ハチ公前での街頭演説に始まり、NHK横のイベント広場で抗議集会、コンサート、炊き出しなどを21時まで行った。警察によると、デモの参加者は約180人だったという。

このデモの様子はニコニコ生放送で「12.31 年忘れしてはならない!紅白さくら祭 みんなで『韓流紅白』をぶっ飛ばせ!」と題されとあるユーザーによりオンエアされ、この番組への来場者数2万5696人となり、スポーツ報知なども取り上げた。

日本の国民的番組に外国人が出ることへの反発から行ったという同デモだが、スポーツ報知では、同じく紅白出演が決まっていたアメリカ人歌手・レディー・ガガについて、「レディー・ガガはいい。親日ですから」という参加会社員(31歳)のコメントを紹介した。

これを受け、ネット上では、ガガと韓国グループの違いについて議論がスタート。「ダブルスタンダードだ」という声があるなか、

「レディガガは本当に日本が好きで、いろいろ貢献してくれてるからなぁ 叩く理由などどこにもない」
「レディガガは原発でみんなが日本を敬遠する中、自ら駆けつけてくれたいい人だぞ」

などなど、「ガガはOK」とする意見が数多く出た。

一方、そもそもこのデモを行うということに対して

「よくやるわ」
「果たしてこれを見た世間一般の人々はどう思うだろうか」

と冷ややかな目線を送るユーザーもいた。なお、この件について、NHK側からはいまのところ特に発表はないようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト