ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ネットニュース化するラジオ番組

2012.01.26 THU

噂のネット事件簿


『ザ・トップ5』のHPでは、毎日3本ほどのニュースを掲載中 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ネットでラジオを聴けるサービス「radiko.jp」に、福井放送やエフエム熊本など6の民放ラジオ局が1月30日より参加することが、同サービスを運営するradikoから23日に発表された。これにより、民放ラジオ全100局のうち、54局が参加することとなった。

このように多くのラジオ局がネット活用に動くなか、ラジオ番組の内容を記事にして、番組HPで配信する番組もある。それがTBSラジオの「新感覚“残業支援系”ランキング・トークバラエティ」である『ザ・トップ5』。「会社でイヤなことトップ5」や「今年来るであろうネット上のニューストップ5」「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会の売れ筋トップ5」など、様々なジャンルの「トップ5」を題材にトークを展開する番組だ。

同番組は昨年12月以来、番組で語られた内容を記事にし、番組HPに掲載中。通常のラジオ番組のHPでは、「放送後記」的に番組中のオフショットなどを掲載しているが、『ザ・トップ5』では、ラジオで語られた内容そのものを番組HP内にニュースとして掲載しているのだ。

ニュースの見出しはこんな具合。

「200キロ台の力士がいなくなる!?番組から徳真鵬関にエール」
「カリスマ格闘家が太鼓判 世界に通用する日本人格闘家は誰?」
「TBS安東アナ テレビにおける血液型トークの自粛について言及」

記事の内容は、

「17日(火)にオンエアされたTBSラジオのランキング紹介番組『ザ・トップ5』(火~木・18時~22時)で、現在初場所が行われている大相撲に関連した独自な切り口のランキングとして、“幕内・十両力士、体重が重い順ランキングトップ5”が発表された~」

となっている。これまでは「聴く」メディアとして認知されてきたラジオ放送の内容。「ラジオ+ネット」という流れのなかで、今後は「読む」メディアとしても存在感を発揮するのか注目されるところである。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト