ネット界の“旬”なニュースをお届け!

就業中のたばこ休憩はアリ?ナシ?

2012.01.27 FRI

噂のネット事件簿


厚労省が設置しているたばこ情報に特化したサイト。「たばこのリスク」「『メタボ』とたばこ」から禁煙の飲食店情報まで、喫煙者にとっては読むだけでむせてしまうような情報がずらり ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ドイツの経済団体が、就業中のたばこ休憩の廃止を提案し、これが日本のネット住民の間で議論となっている。

共同通信の報道によれば、同団体は、「喫煙者は非喫煙者より休憩時間が長く、非生産的」だと指摘。喫煙者1人が平均5分の休憩を1日3回取ることで、年間2000ユーロ(≒約20万円)以上の損失を企業に与えているとの試算を公表した。

このニュースに対するネット住民の反応は以下の通り。喫煙者が、

「たばこだけ?コーヒー飲むのも駄目とかなら分かるけど」
「喫煙休憩くらいいいんじゃね。無いほうが能率悪くなりそう」
「喫煙コーナーで喫煙する上司との談笑が出世に繋がるのは事実だからな」

と、たばこを吸う権利やメリットを主張すれば、非喫煙者側は、

「たばこ休憩 = サボり」
「完全同意。タバコ吸ってる時間給料返せ」
「非喫煙者は休憩自体認められてない」

と、真っ向から対立。ただし、

「俺はタバコは吸わないが、こんなのいちいち言い出したら仕事やりづらくなる」
「タバコに限らず、もっと休憩あって良いんじゃないの」
「企業の異様な効率化に反対するのは自然だと思うんだが」

といった、仕事環境そのものを問題視する意見も多く、

「喫煙時間は申告必須にして定時を延長すればいい」
「休憩時間をタイムカードで管理できるようにすればいい」

という意見には、双方から同意の声が上がった。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト