ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ウルトラマン妹 予想の斜め上過ぎ?

2012.02.09 THU

噂のネット事件簿


『ウルトラマン妹』カバーイラストを紹介する脚本家・小林雄次氏のブログ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
4日、3月にライトノベル『ウルトラマン妹(仮)』(PHP研究所、スマッシュ文庫)が発売されるというニュースが、ネット上を駆け巡った。“美少女ウルトラ戦士”のお目見えとなる同作は、円谷プロダクション監修、つまり「本家公認」とのこと。

著者は「ウルトラマンメビウス」など、ウルトラマンシリーズの脚本を多く手掛ける小林雄次氏で、イラストは水瀬凜氏が筆をとるという。ストーリーはウルトラマンの死後、中学2年生の妹・月島あかりが、地球を守るため奮闘するものだという。発表されたカバーイラストは、ツインテールの萌えキャラ風ビジュアルだ。

ネットでの反応をみてみると

「女性版のウルトラの母があれなのにこれは無いだろw」
「ウルトラ母想像して開いたら
予想外すぎた」
「どうしてこうなったwww」
「何で萌えキャラなんだよ」
「あの父と母からこの子が産まれたの?」

と、ウルトラマンシリーズのキャラクターとしては予想外という声が多数。

「パロ・・・だよな・・・・」
「今年のエイプリルフールネタはこれか…でもちょっと早いな」
「せめて『公認』はやめれ、『公認』は」

など、信じたくない人も多いが、

「『くらぇ~!チュペチュ~ムこーせんんんん!!!』
『わあぃ!!勝っちゃいました!!』
とかってなるのか?
楽しみではある」
「めちゃくちゃ楽しみなんだけど」

と、むしろ今後の展開を想像し、ますます楽しみになっている人もいる。いずれにせよ、斬新な試みであることは確か。3月の発売が待たれる。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト