ネット界の“旬”なニュースをお届け!

さくらプロジェクト 被災地への思いも

2012.02.23 THU

噂のネット事件簿


それぞれの地域の桜の様子を、時系列で見られるのも楽しいものかもしれない ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ウェザーニューズ社は20日、「さくらプロジェクト2012」を始動し、桜のシーズンを通して桜を観察する「ウェザーリポーター」の募集を開始したと発表した。「ウェザーリポーター」によって報告される桜の成長過程を、スマートフォン・携帯・PC 向けサイトを通して全国の参加者とリアルタイムに共有していくものだ。

「ウェザーリポーター」参加希望者は、通勤途中や公園の桜など身近な桜の木1 本を「マイ桜」として決め、写真を撮り、スマートフォンまたは携帯サイト「ウェザーニュース」の「さくらCh.」から登録。その後、桜の状態を「つぼみ」「ピンクのつぼみ」「一輪開花」「けっこう咲いた」「もうすぐ満開」「満開」「散り始め」「葉桜」の8段階で報告する。同プロジェクトは今年で9 年目を迎える取り組みで、昨年は、被災地のマイ桜たちも続々と投稿され、懸命に花を咲かせようとする桜の姿に心を打たれたという声もみられた。

また、同プロジェクトでは、桜の健康を守る「桜レスキュー」という取り組みもおこなっている。病んだ桜を救い、守るきっかけを作る取り組みで、今年は、東日本大震災で津波の被害を受けた桜の健康状態に注目し、サポーターとともに取り組みを強化する予定だという。

他にも、被災地の桜に思いを馳せた取り組みには、「さくらで元気プロジェクト」というものも。こちらは、東北へ花見に出かけ、東北の復興・日本の元気を応援する「さくらで元気応援団」と、さくら情報を掲載・発信・広げて東北の復興・日本の元気を応援する「さくらで元気パートナー」から構成されるサイト。

そろそろ梅の花も咲き始めたところ。まだまだ寒い日が続くが、お花見の計画を立てるのにも役立ちそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト