ネット界の“旬”なニュースをお届け!

なでしこ「イケメン」枠に高瀬愛実

2012.03.08 THU

噂のネット事件簿


川澄奈穂美(前半35分)、田中明日菜(後半10分)、永里優季(後半45分)と3本のゴール。試合後には、それぞれのゴールを振り返りながら酒を飲むというネットユーザーもいた ※この画像はサイトのスクリーンショットです
アルガルベカップ2012の決勝戦が7日おこなわれた。5日の準決勝では世界ランキング1位の米国に勝利したとあって、いやが上にも期待は高まっていたが、結果は3-4と惜しくも敗退した。

日本時間午後10時過ぎからの生中継とあって視聴していた人も多く、ネットではピンチ、あるいはチャンスを迎えるたびに一喜一憂する人の声が投稿された。ゲームは前半、2点の先制を許したが後半戦で猛追。3-3と同点にするも、ロスタイムに1点を許し、惜敗となった。

そんな試合の終了後、深夜0時あたりから翌朝になってもなおネット住民たちが試合を振り返って活発に意見交換している。

2ちゃんねるの「芸スポ速報+」板では、8日0時1分に「【女子サッカー】なでしこジャパン、驚異の粘りを見せるも力尽く 日本 3-4 ドイツ アルガルベ杯決勝」というスレッドが立てられると、8日9時30分時点で5スレッド目と、夜が明けても興奮さめやらぬ人が多い模様。ツイッターでも

「なでしこの粘りとても良かった  負けてもすがすがしかった 私たちにも元気が出る いい試合をありがとう」
「なでしこ、すごいな。前半はいまいちだなって思ってたけど、後半開始から3人交代して、建て直した。あの時間で追い付くって、力あるなぁ。ドイツはほぼメンバー固定でやって来た中、日本は色々変えてきた中での準優勝。すごく実りある大会だった」(原文ママ)

など、残念だったものの選手たちの頑張りを称える声が多数。アメリカ戦では、関東地区で平均15.9%、関西地区で14.4%もの視聴率を叩き出したアルガルベカップだが、アメリカ戦でゴールを決め、決勝戦に導いた高瀬には「イケメン」、澤不在のなかキャプテンを務め、高瀬へのアシストをした宮間にも「宮間JAPANすげぇわ」などの声があがっている。ネットでは澤が「アニキ」と慕われ、「イケメン枠」(海堀、宮間ら)、「美人枠」(丸山、鮫島ら)などが議論されてきたが、今回高瀬愛実が「イケメン」として新たに注目を集めることになったのは間違いないようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト