ネット界の“旬”なニュースをお届け!

首相官邸HPにカードゲーム登場

2012.04.09 MON

噂のネット事件簿


首相官邸 for Kidsに設置されている「官邸カードコレクション」。クイズに正解してゲットしたのは「組閣の時の階段くん」のカード ※この画像はサイトのスクリーンショットです
リニューアルに4500万円の費用をかけたとして何かと話題な首相官邸のホームページだが、今回リニューアルでは「首相官邸 for Kids」というコーナーが設けられた。

子供向けということで、ミミズク博士、翼(つばさ)、美羽(みう)の3人のキャラクターが登場し、日本の社会の仕組みや、内閣総理大臣がどんな仕事をしているか、首相官邸がどういう場所なのか、といった内容を解説するこのコーナー。さらには、政治や社会に関するクイズに正解するともらえるカードを集める「官邸カードコレクション」や、クイズに答えながら街づくりを体験する「まちづくり100マスクイズ」といった、ゲームコンテンツも登場した。

ゲーム自体はとてもシンプルなもので、クイズもかなり初歩的な問題となっている。残念ながら「大人でも満足できる」といった類のものではないうえに、ホームページ全体のリニューアルに4500万円の費用がかけられているということで、ネット上での評判はかなり厳しいものとなっている。2ちゃんねるの関連スレッド「4550万円かけた首相官邸HP。カードゲームとまちつく風ゲームが実装。デザインが酷い」を見ると、

「4550円でもいらんわw」
「税金使って何やってんだよwwwwwwww」
「国民をイラッ☆とさせるのが狙いなら大成功だ」

と、辛らつな意見が多数投稿されている。

また、「まちづくり100マスクイズ」では、作る街の名前を自分で設定できるのだが、一部のネット住民は、いろいろな名前を入力して楽しんでいる様子。この手のゲームでは、不適切な名前を付けられなくしているケースも少なくないのだが、どうやら首相官邸のホームページでは何の規制もないようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト