ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ドラえもん「コエカタマリン」実現

2012.04.10 TUE

噂のネット事件簿


アプリの場合、声が襲ってきたりすることはないのでご安心を ※この画像はサイトのスクリーンショットです
Yahoo! JAPANとアサツー ディ・ケイが、現在上映中の映画『映画ドラえもん のび太と奇跡の島~アニマルアドベンチャー~』に合わせてweb上で展開中の企画「大人のためのドラえもん特集2012」内で、4月5日からAndroid用アプリ「コエカタマリンアプリ」の提供を開始、また一歩ドラえもんの道具に現実の世界が近づくこととなった。

「コエカタマリン」は、単行本の『ドラえもん』(てんとう虫コミックス12巻)の「声のかたまり」という回で初登場。発した声がカタカナの個体となって音速で飛ぶという“道具”だ。
この道具を実現した同アプリは、音声入力した言葉を作中と同様に太字のカタカナで表示され、写真と合成して遊べるカメラアプリ。

さらに、別途提供されるキャラクターフレームを使うことで同映画の登場キャラと一緒に写ったかのような写真を使用することも可能だ。カタカナの位置や色を変更するなど、細かな演出もできる。アプリ配信期間は5月21日まで。

ネット上ではすでに試した人も登場しており、

「オハヨウゴザイマス」
「カダイメンドイ」
「ニャアー」

などと思い思いのセリフを“カタめ”ては感想を述べつつ、実際に生成した写真をアップしている。iPhoneにはこれからの対応ということで、リリースを楽しみにしているiPhoneユーザーも多いようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト