ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「ガンダム」を食べる人が増殖中?

2012.04.17 TUE

噂のネット事件簿


「キャラ弁」からスイーツまで、力作レシピが投稿されている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
1979年に放送が開始されたアニメ『機動戦士ガンダム』は、いまだに多くの人々に愛されているが、今週ネット上に立て続けに「食べ物で作ったガンダムのキャラクター」が登場。ネット住民から大いに称賛を浴びている。

ブームのきっかけとなったのは、先月末に老舗豆腐メーカー「相模屋食料」(群馬県前橋市)が発売した「ザクとうふ」。ガンダムの敵役「ザク」の頭部をかたどった容器に、ザクをイメージした枝豆風味の緑色の豆腐が詰められたこの商品は、発売と同時に爆発的な売り上げを記録し、同社は生産ラインの追加も予定しているという。

11日には、ネットニュースサイト『ねとらぼ』が、「ザクとうふ」をベースに、食紅を使った「シャアザクとうふ」、ザクから動力パイプ部分を取った「旧ザクとうふ」、その他「デザートザクとうふ」「ザク 大気圏突入」などをジオラマ風に再現。また同日には、2ちゃんねるの「ニュース速報VIP」板で、量産型ザクの形をしたクッキーを作った女性が画像をアップし、ネット住民からは、

「クオリティ高いな」
「金粉使って百式も作ってくれ」
「おいしそうだな、腹減ってきた」

と、賛辞の声が寄せられた。

最近では「キャラ弁」という単語も生まれ、アニメやマンガのキャラクターを食べ物で再現するのがブームになっている。「キャラ弁」関連のレシピも豊富なレシピサイト『クックパッド』で、「ガンダム」と検索すると、

「ポテトサラダやパプリカで作ったガンダム」
「薄焼きたまごとピーマンの肉詰めで再現したザク」
「ロースハム+海苔のシャアザク」

など32品(4月16日時点)がヒットするので、ぜひ一度、ガンダムを“食べて”みてはいかが?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト