ネット界の“旬”なニュースをお届け!

残業リーマンを応援するサイト登場

2012.04.27 FRI

噂のネット事件簿


残業系支援サイト『The Workaholics』。URLもhardwork.nifty.comという念の入れよう ※この画像はサイトのスクリーンショットです
23日、仕事に邁進するビジネスマンを応援する“残業支援系サイト”『The Workaholics』(ワーカホリックス=仕事中毒の人)がオープンし、ネット上で好評を博している。

このサイトは、日々残業に勤しむビジネスマン向けに、「就業時間やビジネスシーンにおけるライフハック」「通勤時に使えそうな便利アイテム」「ビジネスマン必読のビジネス書」「モデルケースとすべき過去の偉大なビジネスマンのエピソード」といったお役立ち情報を紹介するニュースサイト。トップページのサイトロゴ横に載せられた「いやー、仕事って本当にいいものですね」というキャッチコピーがある一方、「世界の社畜から」というコーナー名からも分かるように、“役立つ情報”のなかに、クスっと笑えるビジネスマン向け情報が紛れ込んでいるのが特徴だ。

中でも好評なのが、『ウェブはバカと暇人のもの』の著者としても知られるニュース編集者・中川淳一郎氏の「建前禁止社畜相談室 ~悩めるお前らは素晴らしい~」。同相談室に寄せられた一発目の質問「上司からの飲みの誘いを断れない…」に対し、中川氏は「飲みニュケーション」が大事としながらも、断りたい気持ちも理解できるとし、「『すいません!超巨乳の美女と会うんです!』と言え」という明快なアドバイスを発信している。これに対し、ツイッターには「超参考になる」「クソっ、うかつにもワロタwww」といったリアクションが寄せられている。

このサイトにしばしば登場する「社畜」という単語は、巨大掲示板「2ちゃんねる」では頻出の単語。昼夜、また公私問わずに会社のために働く人を揶揄した言い方で、雑談系板「ニュース速報VIP」板では、「ニート」と「社畜」が互いに悪しざまに罵り合う光景はもはやおなじみのものとなっており、そうしたセンスを盛り込んだことも、『The Workaholics』の高評価につながっているようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト