ネット界の“旬”なニュースをお届け!

転載OK 「おーぷん2ch」が登場

2012.06.12 TUE

噂のネット事件簿


転載自由な「おーぷん2ちゃんねる」。スレッドを立てる際に、そのスレッドでの投稿制限ルール(文字数制限や“漢字のみ投稿可”など)を設定することもできる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
6月4日に匿名掲示板「2ちゃんねる」が、5つの有名まとめサイトに対し、書き込まれたコメントの使用を禁止する通告をしたが、その一方で、著作権を放棄し、すべての書き込みを自由に転載していいという巨大掲示板「おーぷん2ちゃんねる」なるものが登場した。

「おーぷん2ちゃんねる」は、あくまでも「転載自由な2ちゃんねる風掲示板」で本家「2ちゃんねる」とはまったくの別物。しかしながら、「2ちゃんねる」上にあるすべての板と同名の“板”が「おーぷん2ちゃんねる」にも設置されているほか、サイトのデザインも本家を踏襲した形となっている。

通告を受けた5つのまとめサイトは現在、「2ちゃんねる」のデータを使わない形で更新している。転載せずネット上の素材を使って独自の編集方針を打ち出そうと、それぞれ試行錯誤するなかで「ハムスター速報」「はちま起稿」「オレ的ゲーム速報@JIN」の3つが、「おーぷん2ちゃんねる」の登場をいち早く取り上げた。著作権フリーのまとめサイトに期待感を高めるものの、本家に比べると書き込みの件数が圧倒的に少ないこともあり、反応はさまざまだ。たとえば「はちま起稿」は「規制もないけど書き込みもないじゃないですかあああああ」と、ガッカリ感をあらわにする自虐的なコメントを残した。さらに、「ハムスター速報」では、「おーぷん2ちゃんねる」に立てられたスレッド「オープン2ちゃんねる開設したしなんか祭り起こそうぜ」の書き込みを転載して紹介した。

また、「2ちゃんねる」では、板ごとに細かいルールが存在しており、各板の住人がそのルールのなかで書き込みをしている。しかし、「おーぷん2ちゃんねる」ではルールが確立されていないため、いわゆる「荒らし」のようなコメントも多く、混沌とした状況だ。

開設してから約1週間だが、「2ちゃんねる」のように、ユーザー視点でサイトが機能していないというのが現状。知名度を高め、利用者を増やすことが目下の課題のようだ。「おーぷん2ちゃんねる」をネタ元としたまとめサイトが登場するには、まだまだ時間がかかりそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト