ネット界の“旬”なニュースをお届け!

篠田の影響? AKBが強気発言

2012.06.12 TUE

噂のネット事件簿


マナーの悪いファンにGoogle+で“宣戦布告”したAKB48の岩田華怜 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
6月6日に行われたファン投票「第4回AKB48選抜総選挙」。メンバーは順位を発表されたあとに、ファンへの感謝や決意などをスピーチしたが、なかでも印象的だったと注目されているのが、第5位の篠田麻里子による「潰すつもりできてください」という後輩たちにゲキを飛ばしたスピーチだ。

この篠田の発言に多くの後輩メンバーたちが、心を突き動かされているようだ。たとえば、NMB48で最上位となる18位の山本彩は公式ブログで、篠田の発言に対し

「私の中の何かに火が点きました。言って下さったからには行かせて頂きます」

と、宣戦布告ともとれる強気なコメントでさらに上位を目指す姿勢を示している。

また、SKE48最年長の佐藤実絵子は、篠田と同様「後輩に席を譲ったらどうだ」といわれたことがあると、モバイル会員向けのブログで告白。「私は篠田さんとは違い、SKEに確立したポジションを得ているわけではありません。だから自信がありません」としながらも、

「私はこれからも正々堂々と戦います」

と、篠田の言葉に感化され改めて後輩たちと戦う姿勢を見せた。どうやら篠田のスピーチは、メンバーのモチベーションを大いに刺激しているようだ。

篠田のスピーチに影響されたかどうかは分からないが、篠田のような“強気な姿勢”が話題になっているメンバーもいる。

そのメンバーとは、マナーの悪いファンに対してGoogle+で“宣戦布告”をした、AKB48チーム4の岩田華怜だ。岩田は、以前から自らの投稿に心無いコメントをつけられていたことに不満があったようで、

「心ないコメントには、前から本当に腹がたちます。そりゃあ私のこと嫌いなかたもたくさんいるでしょう。でもここにいるファンの皆さんを不快な気持ちにさせることだけは、この私が許しません。言いたいことがあるなら、握手会なりなんなりで、直接言いにきなさい!!もう私は逃げないッて決めたんです!( ^^)」(原文ママ)

と、悪意ある書き込みを行ったファンに向け直接対決を挑むような投稿をした。この行動に対し、2ちゃんねるのまとめサイト『AKBまとめんばー』にアップされた「AKB48岩田華怜がアンチに宣戦布告」というエントリーでは、AKBファンたちから寄せられた

「これは普通に惚れるくらいカッコイイ アンチほど頭にくるものはない」
「こんな連投アンチにしたら反論はご褒美なんだけどなw 」
「アンチ挑発してもしょうがないでしょーに 」


など、岩田の意思表示を称賛する声やけんか腰の態度に恨みを持たれないか心配する声が紹介されている。さらには、

「マリコ発言でみんな強気になってる気がする」

と分析するファンも。メンバーたちに“強気”という意識があるかどうかは別としても、ブログやGoogle+を通じて、以前より一層「AKB48=本音をぶつけるアイドル」というイメージになりつつあるようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト