ネット界の“旬”なニュースをお届け!

レコチョクのiPhone対応で混乱する人も

2012.07.04 WED

噂のネット事件簿


レコチョクとしては初となるiPhone対応アプリ「レコチョクplus+」。アプリを利用するには「クラブレコチョク」への登録(無料)が必要となる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
レコチョクは7月2日、iPhoneおよびAndroid端末向けの音楽配信サービスを開始した。

これまでレコチョクではAndroid向けアプリ「レコチョクアプリ」による音楽配信サービスを行っていたが、今回スタートしたのはウェブブラウザ経由の音楽配信。購入した楽曲は専用アプリ「レコチョクplus+」で再生する。レコチョクのサービスがiPhoneに対応するのは、今回が初めてだ。

「レコチョクplus+」は、過去にフィーチャーフォン(通常の携帯電話)からレコチョクで購入した楽曲をスマートフォンで無料で再ダウンロードできる「おあずかりサービス」にも対応。こちらもiPhoneでも利用可能だ。

iPhoneには、アップルが運営する音楽配信サービスiTunes Storeが標準搭載されており、基本的にiPhoneではiTunes Storeを利用して楽曲を購入することとなる。しかし、iTunes Storeで販売されていない邦楽の楽曲も多く、その代表的な存在がソニー系列のレコード会社から発売されている楽曲だ。たとえば、西野カナ、JUJU、いきものがかりなどは、ソニー系列のレコード会社に所属しており、それらの楽曲はiTunes Storeでは購入できないのだ。

しかし、それらソニー系列の楽曲もレコチョクでは配信を行っているため、今回の「レコチョクplus+」のiPhone対応によって、ソニー系列の楽曲もiPhoneで購入・再生することが可能となった。ただ、レコチョクで購入した楽曲は「レコチョクplus+」のみで再生可能で、iTunesで聴くことはできない。また、iTunes Storeで購入した曲を「レコチョクplus+」で聴くこともできない。

つまり、今回のニュースは「レコチョクがiPhoneに対応した」ということが肝なのだが、一部で「ソニーがアップルに楽曲配信」などと報じられたため、多くのネット住民は混乱してしまった模様。2ちゃんねるのスレッドを見ると、

「専用アプリ!?」
「意味がわからん
iTunesは関係なくて、レコチョクアプリで購入、管理、再生をするってこと?」
「なんだ別アプリで聴くのか
意味ないわ
今までどおりレンタルでitunesに落とすほうがいい」

など、ソニー系列の楽曲がそのままiTunes Storeで販売されるようになると勘違いしたネット住民が多かった。

ソニー系列の楽曲がiTunes Storeで買えるようになったわけではないという事実を知り、落胆したネット住民も多かったかもしれない。ただ、今回の反応を見る限りでは、ソニーによるアップルへの楽曲配信に対する需要がかなり高いことは、間違いなさそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト