ネット界の“旬”なニュースをお届け!

剛力彩芽の名字の由来は富士登山?

2012.07.19 THU

噂のネット事件簿


「強力」と書いて「きょうりょく」でなく「ごうりき」。2番目の意味の例にはしっかり「富士山の―」の表記が ※この画像はサイトのスクリーンショットです
「今、もっとも輝いている女の子は?」という調査を行えば、剛力彩芽(19歳)の名前は間違いなく挙がるだろう。抜群のスタイルとルックスを誇る彼女の存在をより際立たせているのが“剛力”というインパクト抜群の名字。本人ならその名字の由来を知っているのかと思いきや、16日の会見で彼女は「ネットで調べても全然出てこなくて」と答えている。そこで、彼女の代わりに彼女の名字のルーツを探してみたところ、諸説でてきたので紹介してみよう。

まず、前述の会見で「漢字は違うけど富士山の登山の案内をする人が強力(ごうりき)っていうみたいで、それも一つなのかな」とも答えていた剛力嬢。正確には“強力”は、富士山に限らず、山で荷揚げをしたり登山者を案内したりする人のことを示す単語。名字は特定の職業が由来のケースも少なくないので、“強力”が由来という可能性はあるだろう。

次に、Yahoo!検索で「名字」と検索すると、検索結果1位に登場するサイトが『名前由来net』。こちらで「剛力」を調べてみると、「『ごう』は郡の中の一区域であり数村を合わせた大きさの区画の『郷』が語源であることが多い」「静岡県発祥の高力(こうりき)氏と関連する説もある」などの情報が得られた。

そしてこの他、「名字 由来」などのキーワードでヒットしたサイトで「剛力」を調べてみると、

「静岡県三島市。高力の異形」(『日本姓氏語源辞典』)
「全国で12世帯」(『全国の苗字(名字)11万種』)
「推定で全国50人」(『苗字(名字)の百貨店)』)

といった情報も。やはり剛力嬢の言うように、ネットでは彼女の名字の由来を特定することはできなかったが、どうやら全国的にも珍しい地名であることと、静岡県にゆかりがある可能性が高いだろう。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト