ネット界の“旬”なニュースをお届け!

五輪選手村の夜 気が気でない

2012.07.24 TUE

噂のネット事件簿


『ESPN.com』の記事では、2000年に開催されたシドニー五輪では、7万個のコンドームが供給されたが、わずか1週間でなくなり、2万個が追加されたという。 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
日本時間7月28日に、開会式を迎えるロンドンオリンピック。連日、選手たちの動向や開催地ロンドンの様子が報じられ、オリンピックムードが高まるなか、選手村での選手たちの生活をうかがい知れるようなニュースが、米国のスポーツニュースサイト『ESPN.com』で報じられ、ネット上で話題を呼んでいる。記事によると、選手村で約10万個のコンドームが無料配布されるそうだ。五輪開幕中に、約1万6000人の選手や役員が生活すると言われる選手村では、「至るところでセックスが行われている」という証言があり、大会序盤に出場を終えた選手たちが、閉会式までの長い時間の中でセックスをする傾向があるという。

選手の70%から75%がセックスをするという証言もあり、『ESPN.com』の記事は世界でも反響を呼び、ブログやツイッターでたくさんの人がコメントを発信した。このことに、衝撃を受けた日本のネットユーザーも多かった。ツイッターでも「マジか」「オリンピックベイビーって響きいいけどな」などの反応がツイートされているほか、2ちゃんねるではたちまち複数スレッドが立てられた。

そんななか2ちゃんねるでは、「俺的に貞操を守ってほしい日本代表女子」という投稿をする人も登場。

潮田玲子(バドミントン)
サイード横田仁奈(新体操)
渡部香生子(水泳)
川澄奈穂美(サッカー)
鮫島彩(サッカー)
狩野舞子(バレーボール)
田中理恵(体操女子)

などなど、注目美女アスリートの名前と画像がずらりと並べられている。

また、2ちゃんねるでは名前が挙がらなかったが、女子サッカー・なでしこJAPANの澤穂希選手については、週刊誌のニュースサイト『NEWSポストセブン』が、「南米の男子サッカー選手たちにモテモテで、北京五輪の際には何人もの選手が澤のことをナンパしようとしていた」と報じている。

ネットユーザーたちが美女アスリートに注目するのは大きな大会の“恒例行事”だが、今年はますます気が気でない!?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト