ネット界の“旬”なニュースをお届け!

違法配信防止サイトのマンガが話題

2012.08.14 TUE

噂のネット事件簿


日本音楽事業者協会によるキャンペーンサイト「NO MORE 違法アップロード・ダウンロード ~ミュージックモラリズム みんなで守る、みんなの音楽~」にあるマンガ『Music Moral Keepers』。ロックンローラーがタイムスリップして違法ダウンロード・アップロードを取り締まる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
日本音楽事業者協会は、音楽の違法アップロード・ダウンロードを防止するためのキャンペーン「NO MORE 違法アップロード・ダウンロード ~ミュージックモラリズム みんなで守る、みんなの音楽~」を開始し、8月3日に特設サイトをオープンした。

サイトでは、どんな行為が違法となり、どんな罰則があるか、などといった、違法アップロード・ダウンロードに関する基本的な知識を、具体的な例を挙げつつ説明している。さらに、違法アップロード・ダウンロードを取り締まるヒーローが活躍するマンガ『Music Moral Keepers』も掲載されているのだが、これがネット住民たちから大きな注目を浴びている。

『Music Moral Keepers』はアメコミ風のタッチで描かれた近未来SFで、その舞台は、違法アップロード・ダウンロードの横行により音楽の市場規模が激しく縮小した2035年。ロックンローラー、弁護士、女子高生の3人からなる「Music Moral Keepers」が2012年にタイムスリップして、過去の違法な音楽アップロードを取り締まるという内容だ。

力強い画調だけでなく、予想もつかない内容も含めて、とにかくインパクト大な『Music Moral Keepers』。2ちゃんねるのニュース速報板でも専用スレッドが立てられているが、そこでは、

「もっと現実に即した内容で書けばいいのにな。
訴えたいことがあるならボカさないでストレートに表現すればいいじゃん」
「訴えかける気あんのかこれ
ギャグ漫画だろ」
「何このギャグマンガwww面白すぎるwww
続きはよ」
「主張はともかく このマンガには説得力を感じなかった」

などと、なんだか言いたい放題な雰囲気に。タイムスリップして違法アップロードを取り締まるという内容は、さすがに突き抜けすぎていたのかもしれないが、ネット上で話題になっていることを考えれば、啓蒙活動としては成功といえそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト