ネット界の“旬”なニュースをお届け!

Ustがチップ制導入で配信者支援

2012.08.22 WED

噂のネット事件簿


18日に行われた坂本龍一出演の「おひねりLIVE」。“坂本パワー”で50万円以上を稼ぎだした ※この画像はサイトのスクリーンショットです
8月18日、ライブ動画配信サービスのUstream(ユーストリーム)に、配信者の活動を支援する「Ustreamチップ」という新サービスが登場。配信者が視聴者から“チップ”を受け取れるシステムが新たに加わった。

「Ustreamチップ」は、配信者が動画に視聴金額(100円~100万円まで設定可能。「1口いくら」という形)を設定し、その金額を支払うと特別に撮影された動画を視聴者が見られるサービス。“チップ”というと、「満足なサービスを受けられた時の対価として支払うもの」を想像しがちだが、視聴前に支払を済ませるシステムになっている。クレジットカードや電子マネーが利用でき、手続が完了すると、動画の視聴に必要なコードなどが送られる仕組みになっている。

新サービスの登場に対し、ツイッター上には、

「NPOが活動報告を行うのに使えそう」
「こういう取り組み超期待。クリエイターにお金が回らなければ何も生まれて来やしない」
「Ustreamを使ってのチャリティ放送も出来るってことですね」

と、期待の声が上がる一方、

「ニコ生のdwangoはどう出るのかな?」
「Web投げ銭サービスは、はてなとかもやってたけど、未だに定着していない感じ」
「海外のアダルトチャットサイトのシステムだよね」

と、一歩引いた意見も多数登場している。また、現状では配信者は法人に限定されているため、「法人限定なんだ。。。今後一般ユーザーにも使えるようにして欲しい」(原文ママ)といった意見も出ている。

サービス開始初日の18日には、坂本龍一の呼びかけによる若手アーティスト支援プロジェクト『Oh!en Project』の第1回配信が行われ、坂本が即興ライブとトークを披露した。こちらにはおよそ1000名から約57万円の“おひねり”が集まり、スタートはまずまず順調だったようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト