ネット界の“旬”なニュースをお届け!

AKBグループ握手対応表が作成中

2012.08.24 FRI

噂のネット事件簿


左に行けば行くほど対応が悪い「塩対応」で、右に行けば行くほど対応が良い「神対応」の握手対応表。AKB48のメンバーよりも、SKE48やNMB48のメンバーのほうに「神対応」が多い印象 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
発売するほとんどのCDに、握手会参加券が封入されるAKB48グループ。握手会でメンバーと交流することに大きな楽しみを感じているファンも多く、AKB48グループにとって握手会が重要なイベントであることはいうまでもないだろう。

そして、ファンにとってみれば、握手会でメンバーたちがどんな対応をしてくれるかということも気になるところ。「あのメンバーはこちらの質問に答えてくれるのか?」「誰がにこやかな表情で握手してくれるのか?」──ファンたちが常日頃思っているそんな疑問を解決するべく、2ちゃんねる地下アイドル板の「握手の対応表を作りたい」というスレッドでは、AKB48グループの握手会に参加しているファンたちの意見をまとめて、メンバーの握手対応表を作っている。
このスレッドでは、握手会での対応が良いメンバーを「神対応」、対応が悪いメンバーを「塩対応」として段階的に分類。書き込んだファンたちの意見を参考に、スレッド主が対応表を作成しており、必ずしも客観的な意見によってまとめられたものではなく、あくまでも“このスレッドにおける対応表”という位置づけだろう。

ちなみに、この対応表で最高レベルの対応だとされているのは、SKE48の須田亜香里、SKE48の秦佐和子、NMB48(AKB48兼任)の渡辺美優紀など。そのほか、AKB48の篠田麻里子の場合は、2番手クラスのランク付けとなっているが、「相手が子供だと握手超え」という注釈が付いている。これは、握手会に来たファンが子供の場合、握手以上にうれしいファンサービスで対応してくれることを意味するようだ。

また、総選挙1位の大島優子は松井玲奈や篠田麻里子のすぐ下くらいのポジション。総選挙2位の渡辺麻友は最低レベルで「塩対応」。3位の柏木由紀は、ほぼ中位といったランク付けとなっている。握手の対応が良いとそれだけ人気も高まり、それに比例して総選挙の結果も上位となりそうなものだが、渡辺や柏木の例を見ていると、必ずしもそういうわけではないようだ。

このほかにも、相手がイケメンだと良対応となる「面食い4姉妹」なるメンバーがいたり、もはや別格の「塩対応」だという「塩四天王」がいたりと、知られざるAKB48グループの握手会事情が垣間見られるものとなっている。(23日午後1時現在)


あくまでも主観に基づいた握手対応表とはいえ、初心者にはかなり参考になることだろう。より握手会を楽しみたいというのなら、この対応表に目を通してから挑んでみてもいいかもしれない。

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト