ネット界の“旬”なニュースをお届け!

日曜洋画劇場 残念の声多数

2012.09.10 MON

噂のネット事件簿


番組公式ホームページでは、淀川長治さんの名解説動画を見ることができる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
テレビ朝日が10月期の番組改編で、1966年から続いている長寿番組『日曜洋画劇場』枠にバラエティーやドラマなどを変則的に投入すると報じられ、ネットでは残念がる声が多数あがっている。番組そのものはなくならないが、“洋画”枠は実質上の縮小となる。

2ちゃんねる・ニュース速報板に立てられたスレッド「【さよなら】日曜洋画劇場終了へ 10月の番組改編で【さよなら】」では、

「これは久々にショック」
「貴重な洋画枠が…さみしいな」
「見る番組がなくなるなあ」

とショックを受ける人が続出。なかには「テレビで映画やってくれると自分の趣味ではまずレンタルしなかったであろう 面白い作品に出会える場合がある」と、テレビだからこそ観る映画もあったことに触れる人も。

また、番組開始から1998年まで解説を務めた映画解説者・淀川長治氏の定番の挨拶「さよなら、さよなら、さよなら」について、言及する人も登場。

「日曜日の終わりに聞くヨドガーさんの
『サヨナラ×3』
の虚無感は異常 」
「あれを聞くと『明日しごとだ~』『明日学校だ~』感が出るのな」

と、今でも懐かしむ声が多い。思い入れのあるユーザーが少なくなかったようで、ネット上ではため息が渦巻くニュースとなっている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト