ネット界の“旬”なニュースをお届け!

コスプレ人気投票 1位は美女◯◯

2012.09.14 FRI

噂のネット事件簿


1位ガンダムのモビルスーツはピンクで彩られている個所もあり、オリジナリティが高い ※この画像はサイトのスクリーンショットです
コスプレは今や日本が生んだ、誇るべき「文化」であることに異論を唱える人は多くはないだろう。7月から8月にかけて開催された「世界コスプレサミット」は今年で10回目。このサミットの目玉イベントである“世界No.1コスプレイーヤー”を決めるコンテストへの出場国数は、過去最多となる世界20カ国にのぼり、大変な盛り上がりを見せた。

「世界コスプレサミット」で今年、優勝したのは日本の男性2人で、ゲームからアニメ化された『薄桜鬼 新撰組奇譚』のキャラクターに扮したものだった。優勝者発表から約1カ月後の9月3日、日本文化を発信してきた全日空のキャンペーンサイト『IS JAPAN COOL?』に、コスプレコーナーが登場。そこでは、「世界コスプレサミット」に参加したコスプレイヤーの写真を見て投票することができ、このサミット主催のコンテストとは別に、独自の人気投票が現在が行われている。そこでの1位は台湾から参加した「Mobile Suit Gundam」。このガンダム、金髪のロングヘアの美人で、6月の台湾でのコスプレ大会優勝時から注目され、「美人すぎるガンダム」として人気を博していた人物だ。1052の「COOL」(いいね!の意)を獲得している(9月12日、午後11:31現在。以下同)。

2位は日本人の飼い主に連れられてきた柴犬。毎年コスプレ姿で「世界コスプレサミット」に“参加”しているそうで、今年は背中に剣を差し忍者に。3位は旅行で日本にやってきていたイタリア男性で、扮したのは『ワンピース』のサンジ。本人は「とってもエキサイティングだよ」とコスプレの楽しさをコメントしている。

その他、イタリアから参加の浅井長政(『戦国無双』)やメキシコの女の子が扮したドラミちゃんなど、盛りだくさん。このサイトに関するニュースサイト『GIGAZINE』の記事を見た人の中には、「ドラミちゃんとガンダムのコレジャナイ感」「本物はちゃうわ」と違和感を唱える人もいたが、全体的には高評価を得ている。

「さんじくんやばい」(原文ママ)
「予想以上にハイレベルでふいた。サンジ!セーラーV!素敵すぎるぞ!!」

と感嘆の声をあげる人や、このGIGAZINEの記事に対し、Twitterで「こういうの見る度に、やっぱり外人って絵になるなぁ思う」と感想をつぶやく人もいた。

年々参加国が増える「世界コスプレサミット」。来年はどんなコスプレイヤーたちが集まるのか。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト