1時間800円~、1泊4800円~のカギなし

宿泊施設ファーストキャビンが人気

2012.10.04 THU


写真は「ファーストクラスキャビン」(1時間900円から)。空間と設備をより凝縮した「ビジネスクラス」もあり、こちらは1時間800円から利用できる
画像提供/ファーストキャビン
飛行機のファーストクラスのようなコンパクトホテル「ファーストキャビン」が、新しい宿泊施設として注目を浴びている。

ファーストキャビンの提供する宿泊スペースは、ファーストクラスとビジネスクラスの2種類。ファーストクラスキャビンでも幅・高さ・奥行ともに2.1mとコンパクトだが、従来のカプセルホテルに比べるとかなり余裕のある作りになっている。スタイリッシュな室内には、大型液晶テレビやネット回線などの設備が整っており、出張時の仕事場としても使えそうだ。

宿泊料金は一泊4500円~と、通常のカプセルホテルより1000円程度高い。しかし、大浴場やシャワーブース、ラウンジなどの共用スペースも利用できるため、「快適さはビジネスホテル以上」なんて利用客の声も。1時間800円(2時間から)という時間単位の利用もできるため、夜中から始発までの休憩所やサテライトオフィスとして利用する人も多く、今年4月にオープンしたファーストキャビン羽田ターミナル1では連日稼働率が90%を超えるほどだとか。

そしてこのファーストキャビン、実はオフィスビルの有効活用策としてビジネス面でも注目されている。ドアにカギがないファーストキャビンは、法律上「簡易宿所」というカテゴリーに属する。そのため、ビルの空室を有効活用するソリューションになり得るからだ。

「オフィスビルをホテルとして改築するには莫大な費用がかかりますが、こうした業態であれば投資コストを抑えて開業でき、ビル自体の価値向上にも貢献します」(ファーストキャビン広報)

カプセルホテルに泊まるのは抵抗があるけど、ビジネスホテルよりリーズナブルな値段で泊まりたい、ちょっと休憩したいけど漫画喫茶より快適な空間で休みたい…20~30代のビジネスマンなら、確かにそんなニーズは高そうだ。「簡易宿所」の進化形、今後も注目マーケットである。
(有栖川匠)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト