ネット界の“旬”なニュースをお届け!

マクドナルド メニュー廃止で話題

2012.10.16 TUE

噂のネット事件簿


作者は「無駄な時間を過ごした」と自虐的だが、ネットユーザーには大人気 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
10月1日から全国のマクドナルド(※一部特殊店舗を除く)で、レジカウンター上のメニュー表が撤廃されている。

公式発表はないにもかかわらず、あっという間にネットで拡散したこのニュース。日本マクドナルドのお客様相談室に確認したところ、定期的なサービスの見直しの一環で、確かに撤廃したのだという。現在はカウンターの後ろに掲げられているボードを見て、並んでいる間に注文するメニューを決めるというシステムになっているが、ボードには全てのメニューが掲載されているわけではないことや、また行列に並びながら上を見上げるということに、不慣れなこともあって、戸惑いの声が噴出している。

「一覧できるメニューが欲しい」というネットユーザーのニーズに反応してか、5日には、2ちゃんねる・なんでも実況J板ではメニュー表を自作する人が登場。「マックのメニュー自作した結果wwwwwww」というスレッドで紹介されると、ネット住民から大絶賛。画像として保存しておけば、携帯電話などでいつでもゆっくり見ることができるとあって、大変な人気を博した。この“自作メニュー”は評判となり、多数の2ちゃんねるまとめサイトでも紹介されている。

そんななか、9日頃からネットでは、レジカウンターの上に「お水のサービスは終了させていただきました。」という告知がなされている画像が話題になった。しかし、この写真情報を解析すると、どうやら2005年に撮影されたものであり、確かに1日に廃止されたはずのメニューも映り込んでしまっている。実際、現在はお願いすればもらえるようなので、「メニューが廃止されたなら水も?」という思いから、拡散してしまったのかもしれない。

一方ツイッター上では「#マクドナルドの次の改悪を考えよう」というハッシュタグのもと、「今度は何が“改悪”されるか」なんていう“大喜利大会”まで開催されている。例えば、

・レタスがすべて白菜になる
・ポテトの芋がとろろ芋に
・店舗から椅子撤去
・100円マックにスマイル

など、メニューや商品まで多岐にわたる。バラエティ豊かな大喜利が出てくるあたり、いかにマクドナルドが身近な存在かが分かる。

なお、マクドナルドによると、入り口からカウンターまでの動線上にメニューポスターを掲示したり、チラシを配ったりして注文時までに選ぶことができるようにしているとのこと。また、カウンターでリクエストすれば、B5サイズのフルメニューが掲載された表も見せてくれるそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト