ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ノロウイルスの恐ろしさ語る人続出

2012.12.04 TUE

噂のネット事件簿


2006年の大流行を超えるほど流行ると言われている今年のノロウイルス。日常生活のなかでも感染する可能性は大いにあるため、常時予防を意識することが大切だ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
11月末、感染性胃腸炎を引き起こす「ノロウイルス」が流行の兆しを見せていると、国立感染症研究所により発表された。例年12月に感染のピークを迎えるノロウイルスだが、11月27日の時点ですでに過去10年間で最も流行した2006年に次ぐ患者数になっているという。

同研究所や厚生労働省では、手洗いや料理の際の十分な加熱など、予防を強く呼びかけているが、実際に感染したことがない人は、なかなかその実行に意識が向かないだろう。そんななか、ネット上ではノロウイルスに感染した経験のあるユーザーたちが、自身のつらかった体験を語ることで予防を呼びかけている。

2ちゃんねるのニュー速VIP板に立てられた「死ぬほどヤバい、ノロの辛さを教えてあげるスレ」というスレッドは、過去に感染経験のあるユーザーが、「今年、ノロ(感染性胃腸炎)が大流行してるらしいから、予防の意味でも、このスレを読んでノロの辛さを知って欲しい」(原文ママ)として立てたもの。

このユーザーは最初に、

「俺の場合
突然、体調が急激に悪化し
意識が朦朧とし、目の前が白くなる
恐ろしいほどの吐き気に襲われ
洪水のように口からゲロが止め処なく出てくる
本当に窒息するんじゃないかと思った」(原文ママ)

と、ノロウイルスに感染した際の壮絶な病状を語り、「みんな気をつけてくれ」と他のユーザーたちに忠告した。これに対し、「きおつけます」(原文ママ)「なったことないけど本当にヤバいらしいな 気を付けるわ」など、予防への意識を持った人たちの声が書き込まれた。そしてこの後も、多くの感染経験者がノロウイルスの恐ろしさを語る声が続々と投稿。

「5分おきにトイレ行く羽目になる」
「トイレから自室まで戻れないレベル」
「インフルエンザと比べたらノロウイルスに失礼なレベル」
「常時吐き気 病院嫌いが必死の形相で病院行くレベル」
「トイレとポカリが友達 朝起きたら寝下痢 ひたすらだるい吐き気」
「かかってる時はもういっそ殺して俺を自由にしてくれと何度も思った」
「下痢ゲロでトイレから動けない上にどっちか出してる間は鬼の形相でどちらかを我慢しなければならないからな」
(すべて原文ママ)

など、どれも想像しただけで辛くなるようなリアリティーのある声ばかり。ノロウイルスに感染した際の病状が、身に染みて伝わってくるスレッドとなっている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト