ネット界の“旬”なニュースをお届け!

サッカー版流行語大賞が投票受付中

2012.12.05 WED

噂のネット事件簿


流行語大賞候補の1人、ガンバの正GK・藤ヶ谷陽介。今季は大量失点を許す試合が多く、チームもJ2降格と、不本意なシーズンとなった ※この画像はサイトのスクリーンショットです
2012年度のサッカー・Jリーグも12月1日で終了し、今年度に残された公式戦はベスト16まで絞られた天皇杯のみとなった。3日に選出された「2012ユーキャン新語・流行語大賞」にはお笑い芸人・スギちゃんの「ワイルドだろぉ」が選ばれたが、ネット上では現在“サッカー版流行語大賞”の投票が行われている。

投票サイト「センタク」で行われている「国内サッカー板@2ch流行語大賞2012」は、2ちゃんねる内の国内サッカーファンが集う「国内サッカー板」(通称「ドメサカ」板)で、2012年に話題となった流行語の大賞を決めるもの。長い歴史を誇るこの大賞は、過去には

07年 「けさい」(ベガルタ仙台)
08年 「なに必死こいてやってるの?」(元横浜F・マリノス監督・木村浩吉)
09年 「強烈奪(笑)」(ヴェルディのいちサポーター)
10年と11年 「正解じゃない」(横浜F・マリノス・中村俊輔)

など、ドメサカ板住民以外にはさっぱり意味の分からない単語・フレーズが選出されており、2年連続で対象に輝いた「正解じゃない」に関しては、中村俊輔が岡崎慎司(VfBシュツットガルト)と対談した際に発した、

中村「何で(PKを)蹴らしたんだと思う?」
岡崎「(決定機を)外したからですか?」
中村「正解じゃない」

というやりとりがピックアップされている。

現在行われている“2012年版”で上位にランクインしているのは、

「ガヤる」(ガンバGK・藤ヶ谷陽介)
「あまり見たことがないGKだった」(中村俊輔)
「前田遼一の呪い」(ジュビロ磐田・前田遼一)
「ゴールはケチャップのようなもの」(CSKAモスクワ・本田圭佑)

などで、このうち「ガヤる」については、藤ヶ谷が今シーズン何度となく致命的なミスを犯したことを揶揄するもの。コメント欄には、

「自分が観に行った試合は確かにガヤってた(笑)」
「語呂が良い」
「まさに最終節やっちゃいましたね」

と、この単語を推すコメントが次々と寄せられている。

投票数は12月4日現在ですでに2500を超えており、投票は12月28日まで受け付けている。一般人には何のことやらさっぱりわからない単語ばかりがずらりと並んでいるが、その由来を検索して笑うのもこの大賞の楽しみ方の1つ。サッカー選手からしてみればあまり名誉な賞ではないが、「ファンはそれだけ細かいところまで見ているんだぞ」という“愛の深さ”が感じられる賞といえそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト