心揺さぶる“1枚”を毎日お届け

【激撮!】哀愁漂う“太陽の熊”

2013.01.06 SUN

激撮


画像提供: ゲッテイ イメージズ (158349597,Lisa Maree Williams/Getty Images News)
オーストラリア・シドニーのタロンガ動物園でキャッチしたマレーグマのヒトコマ。ボールをみつめるまなざしが人間のように哀愁が漂っています。クマ科のなかでも最も小さいマレーグマですが、筋肉質な体と10センチにもなる長いツメが特徴的。英語名は「sun bear」(=太陽の熊)と呼ばれているそうで、この写真では分かりにくいですが、胸のあたりにある大型の斑点が“昇る太陽”を表わしていることからこの名前がついたようです。

このマレーグマのほか、オーストラリアならではのコアラやカンガルーにも会えるタロンガ動物園。シドニーを訪れたらぜひ行ってみたいスポットです。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト