ネット界の“旬”なニュースをお届け!

アマゾン 全品完全無料配送を終了

2013.01.10 THU

噂のネット事件簿


あわせ買い対象商品購入時に表示される注意事項。対象商品には「あわせ買い対象」という文字が表記される ※この画像はサイトのスクリーンショットです
通販大手のAmazonが、一部低価格商品を対象に2500円以上の“あわせ買い”をしないと購入ができない制度を導入。これにより、2010年から行ってきた全品無料配送は事実上終了し、ユーザーからはサービス終了を惜しむ声が上がっている。

Amazonは2010年11月、期間限定で行なっていた全品無料配送の完全実施を宣言。本・CD・DVDから、日用品、ヘルスケア、食品など、Amazon.co.jpで販売されている全商品の配送料(300円)を無料にしていた。

今回導入された“あわせ買い”は、低価格商品を対象に2500円以上注文することが購入の条件となるサービス。対象商品には『トイレマジックリン 消臭・洗浄スプレー ミント』『ハイパーヨーヨー ハイパーストリング』『熱スッキリアイスノン』などが含まれており、ショッピングカート内に「あわせ買い対象商品」しか入っておらず、その合計額が2500円に達していない場合は、商品を購入することができない。以前は単品購入が可能で送料も無料だったが、導入後は2500円以上の“あわせ買い”で送料無料に変更された。これは、ユーザーにとっては、事実上の送料無料一部廃止ということだ。

この決定が報じられると、ツイッター上には、

「日用品とか買う時に重宝してたのになぁ」
「そりゃないよ~」
「プライム会員でもダメなのか…マジで」

といった声が上がる一方で、

「当然の流れと思う」
「さすがにコストと見合わなくなってきたのか」
「商品価格にかかわらず送料無料というのは無理があるな」

と、理解を示す声も上がっている。ただ、全体的に「無料配送終了」「低価格商品単品注文不可」という2点を早合点して、「本1、2冊買いとかできないのか」「トイレットペーパーとか超便利だったのに…」といったツイートが少なくない。低価格商品でも、「あわせ買い対象」になっていなければ、これまで通りに単品で購入でき、無料配送されるので、このあたりお間違えのないように。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト