ネット界の“旬”なニュースをお届け!

街の反応は?バレンタイン粉砕デモ

2013.02.14 THU

噂のネット事件簿


写真は、渋谷の西武渋谷店の付近を歩くデモ隊の様子。参加者たちは、デモに参加しているとは思えないような笑顔で歩いている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
2007年から「革命的非モテ同盟」なる団体によって行われている「バレンタイン粉砕デモ」。2013年も、同団体によって2月10日、東京・渋谷周辺で開催された。

この団体は、「2006年10月某日、ある女性に告白したものの振られた終身名誉書記長」が傷心のなかで設立したという(公式サイトより)。活動履歴を見ると、ほぼ毎年クリスマス、バレンタインデー、ホワイトデー直前の時期になると、それぞれの「粉砕デモ」を団体メンバーで行っている。今年の「バレンタイン粉砕デモ」に対する世間の反応はいかなるものだったのか。ツイッターでは、デモを実際に目撃した人のツイートやそしてそのツイートを目にした人の反応が多くあげられた。

まず、デモを目撃した人からは、

「渋谷でおっさんたちがバレンタイン反対デモやってるww『リア充撲滅しろー』とか叫んでる(笑)ワロタww」
「表参道から渋谷に歩いてたらバレンタイン反対!ってデモやってた(笑)東京怖い」
「渋谷でおじさんとかがバレンタイン反対デモ的なのやってたwwどうしたwwかなり痛かったよ」

などのツイートがあり、面白がる反応と冷めた反応に分かれていた。デモ隊の写真も複数投稿されていることから、沿道から注目を浴びていたこともうかがえる。

一方で、そのツイートを見た一部のユーザーからは厳しい反応も。

「シヴヤでバレンタイン中止のデモやってた。デモ参加者はせいぜい15人くらいで、同じ数ぐらいの警察がついてた」(原文ママ)
「しょーもないことして、警察出動させるなよ」
「警察官に心から同情する」

今回のような事態に対し出動した警察官の姿を見て、デモに疑問を持つ人も少なくなかったといえるだろう。

「革命的非モテ同盟」は公式サイトで、今回のバレンタイン粉砕デモについて、

「今年、2013年のバレンタインデーも我々の手により、無事粉砕されました。たくさんのご参加ありがとうございました。今後とも非モテの未来の為に活動いたします。どうぞご期待ください」(原文ママ)

と報告している。

ホワイトデー直前にも同じようなデモが開催されるのか注目したいところだが、ツイッターユーザーからはデモについて、「こんな笑いアリなデモもやり始めているんですね。日本人も変わってきてますねw」と好意的に捉える声や、「リア充ってこういう人たちのこと言うんだろうな」と、デモを楽しんでいるように見える彼ら自身が“リア充”なのではないかと考える声も書き込まれている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト