ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ネット住民は隕石ネタが大好き!?

2013.02.21 THU

噂のネット事件簿


2月20日時点でYahoo!知恵袋で「隕石」を検索すると1万3000件以上がヒット。2月14日以前に絞り込んでも1万2000人が「隕石」について質問している ※この画像はサイトのスクリーンショットです
2月15日にロシアで発生した隕石落下事件は、その規模の大きさや、ドライブレコーダーで記録された鮮明な画像により、世界中に大きな衝撃を与えた。今回の事件により、世界中でにわかに“隕石”がホットトピックとなったが、ネット上を見る限り、以前から隕石を気にしていた人は意外と多い。

例えば、Yahoo!知恵袋で「隕石」というキーワードで検索してみると、

「今日、隕石が降ってきて人類が滅亡するらしいですが本当ですか?」(2011年10月17日)
「隕石が後頭部を直撃したら痛いですか?」(2012年6月29日)
「自分が空から降ってきた隕石に当たって死ぬ確率は?」(2011年12月20日)

など、ロシア事件以前から隕石の心配をする質問は多数登場している。こうした質問への回答は、「痛みを感じてる余裕などないと思います」「我が家の細長~い庭に落ちないかなぁ」と、基本的に質問者を小バカにしているものが多いが、「1954年のアメリカで4kgある隕石が家の屋根をぶち抜いて、就寝中の女性に直撃した」「もうすでに今年日本に一個落下してますよ?」というものも寄せられている。

一方、2ちゃんねるで「隕石」というキーワードで、ロシア事件以前から存在したスレッドを検索すると、「隕石スレッド」はひと月あたり30~40個もヒットする。これらの大半は、「隕石に乗った美少女がお前の家に降って来たらどうする?」「人生で一回だけピンポイントに隕石を落とせたら何処に落とす?」「はぁー日本に隕石とか落ちねえかな」といった雑談系のネタスレッドだが、なかには、

「【速報】ロシア上空に隕石らしきものを観測!!」(2012年12月21日)
「地震、津波、原発、テロ、戦争、ありそうな大災害は全て起こったが俺の思うに最後の試練は隕石だと思う」(2012年3月6日)

という予言者のようなスレッドも。ネット住民にとっては、予測不可能かつ不条理極まりない「隕石落下」というネタは、格好の話題となるようだ。

なお国立天文台の渡部潤一副台長は、今回のロシアの事件について「隕石の落下そのものは地球上でかなりの頻度で落ちているが、これだけ大きなものが人口密集地の近くであるのは珍しい」と述べ、「こういうことは今後も起こりうる」と回答している。こうした回答を見ると、これまではネタとして扱われてきた隕石の話題は、もはやリアルなものへと変わってしまったようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト