ネット界の“旬”なニュースをお届け!

スキミング機が巧妙すぎ!対処法は

2013.03.12 TUE

噂のネット事件簿


これがスキミング機の取り付けられたATM ※この画像はサイトのスクリーンショットです
セブン銀行は、2月28日に公式HPでATMから「スキミング機」が発見されたと設置場所と画像を公開。ネット上で波紋を呼んでいる。

今回発見された「スキミング機」は、主に海外 ATMの 取引時に使用するデータだけを読み取る仕組みで、スキミングされた情報をもとに国内の ATM で不正利用される可能性は極めて少ないという。

同行によると、「スキミング機」の設置された場所は「カード挿入口の形状」と「明細票のゴミ箱の有無」だという。ATM利用時の注意喚起に対し、2ちゃんねる・ビジネスnews+板に立てられたスレッド「【金融】セブン銀行でスキミング被害か 都内4箇所でスキミング機が確認される」では、

「まったく違和感の無い精度の高い製品だな」
「これはわかんないよ」
「どうやって取り付けたんだろう」
「こんなに違和感無い物を作られては警戒しようもないな」(原文ママ)
「これ見破れる素人は居ないだろう・・・」

とあまりにも巧妙なスキミング機に“お手上げ”の声が続出。当然、他行のATMについても「こええ セブン銀行だけだろうか?」(原文ママ)と心配する声があがり、「通帳とハンコもって銀行に行くしかないなwww」という声も見られた。

Twitterに投稿されたツイートをまとめるサイトtogetterには、被害者の一人になってしまったという人が「【悲報】スキミングやられましたー【悲報】」というまとめを作成しており、改めて注意を呼びかけている。この人は金銭的な被害はないとしているが、「全然使用時の違和感とかありませんでした」と証言。「ここに被害者が…」「金銭的な実害は出たんですか?」など被害者の投稿に反応しており、関心の高さがうかがえる。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト