ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ポテトスナック 値上げでも継続して

2013.05.16 THU

噂のネット事件簿


製造中止となる「ポテトスナック」。ツイッターには、各地の店頭で品薄になっているという報告が書き込まれている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
いずみ製菓が1988年11月に発売して以来、およそ四半世紀にわたって多くの日本人に親しまれてきた駄菓子「ポテトスナック」。2013年6月をもって同商品の販売が終了することが、一部のネットユーザーたちを大きく落胆させている。

ポテトスナックは、サクサクとしたポテト生地の食感が特徴的な円形のスナック菓子。2013年5月現在、定番の「ステーキ味」のほか、「フライドチキン味」、「うすしおバター味」、「塩じゃが味」、「サラミ味」が発売されている。

今回、いずみ製菓の菓子事業からの撤退にともなって販売終了することがJ‐CASTニュースによって報じられると、ネット上には同商品のファンたちによる悲しみの声が多く飛び交った。

2ちゃんねる・ニュース速報板のスレッド「さよなら駄菓子の定番『ポテトスナック』原材料高騰などで6月末販売終了 ( ;)Д(;)『ステーキ味』」に書き込まれた販売終了を残念がる声は、以下の通りだ。

「ま、マジかよ…今日中に思い出を振り返ることが出来る分確保しないと」
「嘘だろー!?あの油食ってる感大好きなのに…」
「やたら油っぽいのに何故か旨いんだよな
近所の駄菓子屋に箱注文出しとこう」
「マジかよ!?買ってこなきゃ。
口を大きく開けて一口で食うのが美味かった」
(すべて原文ママ)

また、J‐CASTニュースの記事内では販売終了の理由について「原材料の高騰」が挙げられているため、

「4枚入りで50円にしとけ」
「50円までなら出すから続けてくれよ」
「90円でもいいから作れよ」
「100円にしろ」
「値上げしていいから販売してくれよ!」
(すべて原文ママ)

など、「値上げをしてでも販売を継続してほしい」という声が複数見られた。

いずみ製菓が菓子事業自体から撤退するということで、「ポテトスナック」だけでなく麦を膨らませた駄菓子「ムギムギ」も販売終了となる。子どものころに食べた“思い出の駄菓子”がなくなってしまうことに、時代の流れを感じるネットユーザーが多かったようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト