ネット界の“旬”なニュースをお届け!

J観客の平均年齢39歳は高すぎ?

2013.06.12 WED

噂のネット事件簿


20歳の若者を無料でJリーグ観戦に招待するキャンペーン「Jマジ!20 ~J.LEAGUE MAGIC~」のフェイスブックページ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
5大会連続のワールドカップ出場で盛り上がるサッカー界。オーストラリア戦後の渋谷での盛り上がりを見ると、若者からの支持率も高そうに思えるが、Jリーグについてはそうでもないらしい。

Jリーグが発表した「Jリーグ スタジアム観戦者調査2012」によると、2012年の観戦者の平均年齢は39歳で、年々上昇しているという。さらに、クラブ別で見ると、札幌が45.2歳、大分が45.0歳、新潟が44.8歳となっており、決して若者を中心に人気だというわけではないのだ。

この事実についてネット住民も興味深く思っているようだ。2ちゃんねるには「助けて!若者のJリーグ離れ…公式調査で観戦ファンの平均年齢が39歳と発覚www」というスレッドが立ち、サッカーファンの年齢層について、以下のような意見が交わされている。

「野球は50~60代
蹴球は30~40代
スポーツ観戦はおっさんの趣味」
「日本人の平均年齢が40代半ばだからまだまだ若いだろ」
「その世代が子供連れて観に行ってたら、子供世代が大人になる頃にまた客も増えるんじゃない?」
「平均39って結構若くね?
お金の問題もあるだろうしな」
「渋谷で騒いでるやつはJリーグ観戦にいってやれwよ」

たしかに、若者が多いという印象ではないようだが、チケット代の問題もあるため、金銭的な余裕を考えても平均年齢39歳というのは、違和感ない数字なのかもしれない。しかし、一方では、

「テレビで見たほうが見やすいじゃん
現地行く人はサッカーを見たいんじゃないわゆるサポーターとして現地にいたい人でしょ
鳴り物も嫌いだけどサッカーの応援はもっと嫌い」
「サッカーの観戦って適正がいると思うわ
俺は10分と見てられない
ゲームとかやりながら、テレビからワーって声がでたらゲーム中断して観るぐらいのスタンスがいいんじゃね」(原文ママ)

などの意見もあり、テレビなどでサッカーを見ることはあっても、スタジアムで観戦するという行為はハードルが高いと考える人も多かった。

ちなみに、今年20周年を迎えるJリーグは若いファンを呼び込むために「Jマジ!20 ~J.LEAGUE MAGIC~」というキャンペーンを実施する。1993年4月2日から1994年の4月1日に生まれた今年20歳になる人を対象に、希望するJリーグの試合を無料で招待しようというものだ。前出の2ちゃんねるのスレッドは、このキャンペーンを紹介したNHKのニュース記事がもととなっている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト