ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「総理島耕作」希望する声が多数

2013.06.18 TUE

噂のネット事件簿


電子書籍サービス「eBooKJapan」で実施されている「島耕作国民投票」。投票者には抽選でプレゼントも ※この画像はサイトのスクリーンショットです
弘兼憲史の人気漫画『島耕作』シリーズの連載開始30周年を記念して、電子書籍サービス「eBooKJapan」が、「島耕作国民投票」と題して、ネット投票企画を実施している。

『課長島耕作』から始まり、部長、取締役と出世し、最終的に社長にまで上りつめた島耕作。今回の国民投票では、「これからの30年。読んでみたい島耕作は?」という質問で、どんな肩書きの島耕作を読んでみたいかというアンケートを行っている。

エントリーされているのは、『外交官島耕作』『総理大臣島耕作』『都知事島耕作』『無職島耕作』『教祖島耕作』『スナイパー島耕作』など。6月16日時点で得票数がもっとも多いのは1043票の『総理大臣島耕作』。続いて『外交官島耕作』(953票)、『都知事島耕作』(795票)となっており、ビジネスシーンでの島耕作よりも、政界での島耕作の物語を読みたいという意見が多いようだ。

また、2ちゃんねるニュース速報板の「『社長島耕作』次の展開は?…総理島耕作もしくは無職島耕作」というスレッドでも、島耕作の次の肩書きについて意見が出されているが、

「グラップラー島耕作」
「ホームレス島耕作」
「専業主夫島耕作」
「町内会長島耕作」
「島耕作はつらいよ」
「ドキッ!島耕作だらけの水泳大会」
「漫画家島耕作 旅情ゆけむりパワハラ事件簿」

などと、もはや何でもありの状況で、完全に“ネタスレッド”の様相を呈している。

この「島耕作国民投票」は6月27日15時まで受け付け中。期間中は島耕作シリーズの電子書籍全巻セット20%オフキャンペーンも実施している。

ちなみにキャラクターの人気投票も行っているが、1位は2394票でやはり島耕作。2位の大町久美子(1129票)に大きく差をつけてのダントツとなっている(6月16日現在)。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト