プリン、クロワッサンetc.

「フローズンスイーツ」が人気

2013.07.04 THU


左上から時計回りに、凍らせプッチン バー(グリコ乳業)、ドトールフローズンカフェ・オ・レ(森永製菓)、フローズンスティックケーキ(ロッテリア)
いよいよ夏本番。汗をダラダラかいた日には、冷た~い食べ物が恋しい。そんな方はフローズンスイーツを試してみては? フローズンスイーツとは、普通はそのまま食べるものを“あえて”凍らせて、さらにおいしく進化させたもの。一昨年あたりから徐々に広がり、今年の夏も流行の兆しを見せているのだ。

「猛暑が常態化するなかで、フローズンスイーツへの関心は年々高まっています」

と、話すのはグリコ乳業の伊吹さん。同社は6月から“プッチンプリンを凍らせる専用のバー”の配布を開始した。

「プッチンプリンのファンの間では以前から凍らせて食べる人がいました。ここに着目したのが今回のキャンペーンのきっかけです。プリンにさす専用のバーを店頭などで配布することで、たくさんの人に『凍らせプッチン』を体験していただきたいと思っています」

さっそく筆者も凍らせプッチンに挑戦。カチコチかと思いきや、意外とふんわり。特にカラメル部分は甘みが凝縮されて美味!

ほかにも各社から続々と新しいフローズンスイーツが登場している。冷凍食品を中心に展開するテーブルマークからは、クロワッサンを凍ったまま食べる『フローズンクロワッサン』が登場。ひんやりサクサクの生地は、シュークリームの皮とはひと味違う食感。ロッテリアの『フローズンスティックケーキ』(230円※地域により値段変動)は、ケーキを凍らせたもので、シャリシャリ食感のムースがおいしい。森永製菓の『ドトールフローズンカフェ・オ・レ』(参考小売価格137円)は、凍らせたコーヒーの上に、バニラアイスがたっぷり。ザクザクと混ぜるのがオススメの食べ方だ。

どれもおいしくて、ハマってしまいそうなフローズンスイーツ。ますます盛り上がりを見せそうだけど、おいしいからといって、食べ過ぎにはくれぐれもご注意を!
(中村未来/清談社)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト