ネット界の“旬”なニュースをお届け!

オクラの種から朝顔が生える!?

2013.08.12 MON

噂のネット事件簿


その語感から日本産とも思われがちなオクラだが、原産はアフリカ北東部 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
小学生の夏休みの宿題の定番といえば、朝顔やひまわりなどの「観察日記」。だが、ツイッター上に、「3か月間オクラを育てたら、なぜか朝顔が生えてきた」というツイートが登場。注目を集めている。

このツイッターユーザーは、プロフィール欄に「最近の趣味はオクラ栽培」と記し、せっせとオクラを栽培していた。しかし8月4日になって突然、

「すっごいショックでへこむ」
「なに、私3ヶ月も騙されてたの?(;ω;)」
「何でこんなことになってるんだろう…(;ω;)」
「つらくて、辛すぎて庭で呆然としてるなう。。(;ω;)」

と、ひどいショックに襲われた様子のツイートが続き、程なくその理由を「3ヶ月間毎日水やりして育てていたオクラがオクラじゃなくてアサガオだった」と告白。本人は、「蒔いたときも、残ってる袋の中のたねも、まんまるはなオクラのたねだったのは確実で(写メ残ってる)」(原文ママ)と述べており、ユーザーが買ったオクラの種には、どうやら朝顔の種が入っていたようなのだ。

この衝撃的な事件は、ツイッターまとめサイト「Togetter」でもまとめられ、ツイッターユーザーからは、

「人生にはこういうこともあるさ(?)」
「こんなときどう言えばいいのかわかりません」

といった“お悔やみの言葉”や、

「かわいそうだと思いつつフイタwwwww」
「くだらないし笑っちゃうんだけど本人はすごくかわいそうだ」
「これはショックだろうと同情するけどごめん、、、笑いが隠せない」

といった感想が登場。まとめのPVは11万超、ツイート数も700超と大変な数になっている。

このユーザーは、今度はカブの栽培に挑戦するとのこと。なお、ユーザーの父は、オクラではなく朝顔だということについて、「葉っぱが出てきたときから気づいてた」そうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト