ネット界の“旬”なニュースをお届け!

Jリーグ前後期制復活 賛否は二分

2013.09.13 FRI

噂のネット事件簿


これまでもVゴール制や、入れ替え戦の仕組みなど、改革を繰り返してきたJリーグ。一度廃止した2シーズン制の復活は、観客動員回復につながるのか ※この画像はサイトのスクリーンショットです
以前からJリーグが導入を検討していた前後期制について、2015年からの導入が内定したという報道が登場。これに対し、サッカーファンから賛否の声があがっている。

現在、日本サッカー界は、来年開かれるW杯に向けて着々と準備を重ねている段階。ザッケローニ監督率いる代表チームは、各国とテストマッチを行い調整を続けているが、その一方でJリーグの観客動員数は伸び悩んでおり、Jリーグはかつて採用されていた前後期制の導入を検討してきた。

そして9月11日、各紙が一斉に「前後期制導入決定」を報道。それによると、ポストシーズンはまず「前期優勝チーム対後期2位チーム」「後期優勝チーム対前期2位チーム」が試合を行い、その勝利チーム同士が対戦。さらにその勝者が、「前後期通して最も勝ち点が多かったチーム」と対戦するという仕組みになっており、かつて採用されていた「前期優勝チーム対後期優勝チーム」というシンプルなものから、少々複雑化している。

この決定が報じられると、2ちゃんねる「芸スポ速報+」板には「【サッカー/Jリーグ】J1、2015年から前後期制へ 年間優勝を争うポストシーズン方式を導入することが確実に」というスレッドが登場し、サッカーファンが集結。その書き込みを見てみると、

「コレは盛り上がるね
賛成だ」
「ワクワクしてきた」
「少なくともチャンピオンシップは注目度も高くなるし
やる価値はあると思うな」

と、期待する声があがる一方、

「こういう小手先だけのやり方で人気取りしようってのは本当に萎えるな」
「2ステージ制はダメだったから変えたんだろうが」
「二位のクラブが優勝とかありえない
サポーターは嬉しいの?」

と、否定的な意見も少なからず登場している。

書き込みを見る限りは反対派が若干優勢だが、ポストシーズンがライト層のファンに魅力的に映る可能性は否定できない。まだ正式発表は出ていないが、今年20周年を迎えたJリーグは、また新たな局面を迎えることになりそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト