ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ふなっしー 服の色は「オーム体液」

2013.09.30 MON

噂のネット事件簿


“虚言”も多い、ふなっしー。そのミステリアスなところも人気の秘訣といったところか ※この画像はサイトのスクリーンショットです
“しゃべるゆるキャラ”として人気を博し、とどまることを知らない、千葉県船橋市の非公式ゆるキャラ・ふなっしー。そんなふなっしーが9月20日、初の公式ブック『ふなっしーの本なっしー!!』(富士見書房)を発売し、その内容が物議を醸している。

同書では、船橋市の観光地や梨園、神社などを訪れたふなっしーのスナップ写真のほか、「ふなっしーの秘密」、「ふなっしーの履歴書」、「ふなっしーの迷言集」、そして「ふなっしーQ&Aコーナー」も。

ネット上で物議を醸しているのは、そのうちの「ふなっしーQ&Aコーナー」のある回答。「胸の赤いリボンと青い洋服らしきものって返り血に入れ墨ってっ本当?」という質問に、「うそなっしー 赤いリボンは蛾がとまっているだけで青い洋服はナウシカのオウムの体液で染め上げたなっしー」(原文ママ)と明かしているのだ。

この“赤いリボンは蛾”、“青い洋服は『風の谷のナウシカ』のオームの体液”という衝撃の事実に驚いた人が、Twitter上で「どういう事なの...」とつぶやくと、ネット上で話題は拡散。

Twitter上で、

「これは公式キャラにはなれないわ」
「事実は小説よりも奇なり……」
「もう、ふなっしー怖過ぎる…」

と唖然とする人が続出し、話題は2ちゃんねるにも波及。ニュース速報板に立てられたスレッド「【悲報】 ふなっしーにマジキチな新事実発覚wwwww」では、

「やりたい放題やな」
「センスあるよな」
「ホントひとでなっしーな奴だな」

とニヤリとしたかのようなコメントが投稿されている。

ちなみに、赤いリボンと青い服については、お菓子「ふなっしーのマル秘クッキー」のパッケージで、ふなっしーの“秘密”として「ふなっしーの青い部分は、服ではなく『タトゥー』」「お腹の赤い部分は、リボンではなく『返り血』」とされていた。同書で、ふなっしーは「虚言癖は27.4%」としているが、これまでの「服とリボンの色」は、“虚言”のうちの一つだったのかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト